ログイン
sample
公開日:2022-03-03 最終更新日:2022-03-03

【2022年版】営業代行の費用相場はいくら?格安サービス5社を比較

自社商材の販売をするための営業人材を確保したい。しかし、営業力のある人材の育成には多大な時間も費用もかかります。

さらに昨今の人材不足により人材確保も困難になっています。そんな悩みを解決するのが営業代行会社の利用です。

営業代行会社の仕組み、費用、自社に適した会社の選び方など格安サービス5社を比較してお悩みを解決します。


目次



営業代行とは?

スタートアップ企業を含め、営業に十分な人員を配置することが出来ない場合や営業ノウハウが十分でない場合、営業成績が伴わない場合などプロの営業に業務を委託できるのが営業代行です。

人員の確保が難しい現代、確保できても育成に要する時間と費用も含めて考えた場合に即戦力として企業の支えとなってくれるのが営業代行です。

営業代行の料金形態は3種類

月額報酬型

月額報酬型のメリット

固定報酬となるので支出が計算しやすいのが最大のメリットです。想像以上の成果をあげた場合でもプラスアルファで支払う必要もありません。支出面で予算オーバーの心配がなく計画を立てやすくなります。

月額報酬型のデメリット

固定報酬となるため十分な成果が上がらなくても支払い義務が発生します。自社の取り扱う商材の性質から月額報酬型が適しているか検討する必要があります。

月額報酬型が向いているフリーランス・法人

スタートアップなど成果がまだ読めない場合、営業に充てられる予算が限られている場合に予算オーバーの心配がないので向いている報酬形式です。

成果報酬型

成果報酬型のメリット

実際の成果分に対して支払うため、成果が不十分な場合に余分な支払いが不要となります。商品単価が高く、売り上げから十分な報酬を支払える際には有効な契約方法です。

成果報酬型のデメリット

月額報酬型に比べると報酬が割高に設定されているケースが多いため、月額報酬型よりもコストが大きくなる可能性があります。

成果報酬型が向いているフリーランス・法人

粗利率の高い商材を販売している場合に向いています。1つの商品が売れた際に成功報酬を支払っても十分な利益が得られることで一気に販路拡大にも繋がります。

複合報酬型

複合報酬型のメリット

月額料金や成果あたりの報酬単価が低めに設定されるので固定費を抑える事に繋がるメリットがあります。

成果が得られない場合は最低限の固定報酬の支払いだけで済み、成果が得られた場合でも完全な成功報酬型よりもコストが少なくなります。

複合報酬型のデメリット

成果が多い場合には予算オーバーする可能性がありますし、逆に成果がない場合でも月額費用の支払い義務があります。

複合報酬型が向いているフリーランス・法人

月額報酬型と成果報酬型の両方を併せ持っているため、どちらを選択するか迷っている場合に複合型も選択肢の一つです。

営業代行の費用相場


費用相場
月額報酬型
50~70万円/月
成果報酬型
アポイント:1.5~2万円/件
成約:売上の30~50%
複合報酬型
10~50万円/月
成果報酬別途


格安で使える営業代行サービス5社を比較

UMERU

テレアポ代行、日程管理、データ分析に特化。アポイントの日程をカレンダー連携を用いて即座に共有。

日程調整までしてくれるので顧客は商談に集中することが出来ます。

成約率や失注率などのデータ分析が可能で今後に向けての課題や対策も見えるので代行だけではなくデータ蓄積としてもメリットが見込めます。

ネオキャリア

テレアポ代行業務を行い取引実績は国内最大級。365日24時間対応で条件に合わせた最適なプランの提案など成果報酬型の代行会社です。

依頼を受けてから短時間での運用を得意としており、情報管理など徹底したセキュリティ対策も特徴です。

セレブリックス

営業の課題に応じて様々なサービスと提案を得意としており、最適なサービスを受ける事ができるのが特徴です。

法人や新規事業での実績が業界最大級の月額報酬型の代行会社です。要相談で成果報酬型への対応も可能です。

ビーモーション

小売店への営業代行に対応しており、即戦力となる人材育成を重視した研修プログラムなどを実施している成果報酬型の営業代行会社です。

どのようにすれば多くの商品を売れるかという課題に対し、売り上げアップのために独自の支援ツールを用いてサービスレベルを維持しています。

エグゼクティブ

法人営業専門の代行会社で説明の難しい商材やWEB制作など形を持たない商材へに対応してくれる成果報酬型の会社です。

営業代行のメリット

即戦力となる営業人員の確保と商材によって選択できる報酬形式はゼロから営業人員を育てる時間と費用を大幅に削減できるメリットがあります。新規事業で人員や資金不足、即戦力が必要な場合にも有効です。

営業代行のデメリット

報酬形式の選択を誤ると大幅な予算オーバーになるケースもあります。自社の営業人員を育成することには繋がらないため長期的に見た場合に営業ノウハウが蓄積せず会社の成長に繋がらないケースも出てきます。

営業代行の選び方のポイント

自社に合っているか

営業代行会社との契約内容が自社の目的と合致しているかは重要です。商材に対して月額報酬型を選択するか、成果報酬型を選択するかによって大幅な予算オーバーになってしまい十分な成果を得られないケースも出てきます。

自社商材に合っているか

各営業代行会社にはそれぞれ特色があり得意、不得意の分野があるため自社商材とマッチしているか依頼前に判断する必要があります。同じ予算でもマッチしていない場合には得られる成果が半減してしまうケースも考えられます。

費用対効果は十分か

月額報酬型にしても成果報酬型にしても、費用に対して十分な成果が得られるかバランスを検証する必要があります。商品が売れても営業費用が嵩んでしまうようなことがないよう費用対効果のバランスがよい営業代行会社の選択は必要です。

営業代行ならUMERUがおすすめ!

UMERUは営業代行からデータ分析までトータル支援

荷電代行によりアポイントをとり、日程調整やカレンダーへの連携反映、営業トークの作成、失注理由のレポートとデータ分析まで安心のバックアップ。

UMERUだからできる5つの機能

営業リストの構築

お客様の業種・商材に応じた営業リストの構築により効果的な荷電を行います。

営業トークの作成

お客様の業種・商材に適した荷電のための営業トークスクリプトを作成し、内容を精査確認頂いた上で業務を開始いたします。

アウトバウンドの実施

15,000人規模のコールセンターで荷電代行をいたします。経験豊富なオペレーターがアポ設定するので安心です。

カレンダーの自動反映

荷電による商談のアポイント日程は連携カレンダーに自動反映されるので商談のダブルブッキング等のトラブルを大幅に軽減します。

失注理由のレポート分析

NG理由を蓄積することで以後のお客様の営業ノウハウ構築にお役立て頂けます。これらのデータ分析により課題を浮き彫りとし次に活かすことができます。

まとめ

営業代行会社もそれぞれ特徴と費用に違いがあります。実際に依頼する際に注意しなくてはならない点、業種や予算によって選択すべき報酬型にも触れてきました。

営業代行のメリットは即戦力となる部分です。不足している人員を補うだけではなく、育成機関を必要としないプロに業務を依頼することで商談成立、売上アップに直結します。

自社の方針や予算に適した営業代行会社の正しい選択に繋げてください。


好きな時に、
好きなだけ働ける!

時間や場所に縛られない
在宅コールセンター
時間や場所に縛られない在宅コールセンター

自由なタイミングで好きな時間だけ仕事ができます。

在宅をしている女性(ニコニコ)
どんな働き方ができるか見る