ログイン
sample
公開日:2019-07-19 最終更新日:2021-06-30

【主婦向け】在宅ワーク求人サイトのおすすめ15選!初心者が稼ぎやすい仕事は?口コミや評判も解説

在宅ワークは会社に通勤せずに、自宅で仕事を行うスタイルです。新型コロナウイルスの感染防止のために通勤しない働き方が広がりを見せていることもあり、主婦を中心に在宅ワークを始める人が増えています。
在宅ワークを始めるには、自分で仕事を探さなければなりません。求人情報の中には詐欺まがいの案件もあるので注意が必要です。 ここでは、在宅ワークの求人を見つる方法や、おすすめ求人サイトについて紹介していきます。



【目次】

在宅ワークが主婦から人気を集めている理由

在宅ワークは主婦にとって様々なメリットがあります。具体的に在宅ワークのどのような部分が主婦から人気を集めているのか、チェックしてみましょう。

都合の良い時間に働きやすい

外出不要の在宅ワークであれば、いつでも好きな時間に働くことができます
深夜や早朝などの時間帯に働いたり、家事や子育ての合間に仕事をしたり、勤務時間は人それぞれです。
会社に出勤する必要がないため、朝早く起きる必要もありません。前日夜遅くまで働いても、睡眠時間をしっかり確保できます。
人に会うためにお化粧をしなくていいのも、女性にとっては大きなメリットだと言えるでしょう。

育児と仕事を両立しやすい

子供がまだ小さいうちは、風邪を引いたり突発的な病気にかかったりすることがあります。そんな時も、在宅ワークであれば柔軟に対応することができます。
職場に迷惑をかける心配がないので、余計なストレスもたまりません。 在宅ワークなら自分で子供の面倒を見れるため、保育園に預ける必要がなくなります。
子供にとっても、ママと1日一緒に過ごせるのは非常に嬉しいことです。
運動会など学校の行事にも積極的に参加してあげられるため、子供と一緒に楽しい思い出をたくさん作ることができます

案件が豊富で仕事を見つけやすい

何のスキルもない未経験者や主婦は、正社員として雇ってもらえないことが多々あります。
その点、在宅ワークなら未経験でもチャレンジしやすい仕事が豊富にあるため、社会人経験のない主婦でもすぐに仕事を見つけることができます
在宅ワーク向けの求人情報は日々更新されており、その気になればすぐに報酬を得ることも可能です。

在宅ワーク詐欺に注意

在宅ワークの求人の多くは優良なものですが、中には詐欺まがいの案件もあるので注意が必要です。詐欺にあうことがないように、事前に注意すべきポイントを把握しておきましょう。

「すぐに〇〇万円稼げる!」という誇大広告は信用しない

ネットで求人を探していると、「短時間で高収入」「初心者でも100万稼げる!」などという誇大広告を見かけることがあります。
普通に考えれば、このような甘い話はあるわけがありません。 ただ、在宅ワークのことを何も知らない初心者のうちは、このような甘い誘い文句に引っかかりがちです。
「リスクなし」「絶対に稼げる」「楽に稼げる」と言った甘い言葉は一切信用せず、信頼できる業者から仕事をもらいましょう

登録料、研修料が必要な求人には応募しない

登録料、研修料と言って最初に何十万円もの費用が必要になる在宅ワークは大変危険です。「研修料は働けば回収できるから大丈夫」などと言って大金を支払わせるのが詐欺師の手口です。
実際は研修料を超える稼ぎを出すことはできず、泣き寝入りをするのがオチだと言えます。 最初にお金を払う必要がある求人には手を出さないように注意しましょう。次の記事では在宅ワークの注意点について書いていますので、事前に知識を得ておきましょう。
>【家でできる仕事(在宅ワーク)58選】多くの人がハマる在宅ワークの落とし穴とは?

主婦におすすめな在宅ワークの種類

在宅ワークと言ってもライティング業務やデザイン作成業務、秘書業務など仕事内容は多岐に渡ります。そのため、スキルに合わせた仕事内容を選ぶことができます。中でも主婦向けの在宅ワークがありますので、どの業務が自分にあっているか確認してみましょう。

ライティング業務

平均自給換算額難易度
〜1,000円★★★

在宅ワークといえばライティング業務が一般的です。ライティング業務は、主にWEBサイトの記事を書く仕事です。仕事の多くがこのライティングを占めており、記事テーマや文字数など案件によって異なります。文章が得意な人はもちろん比較的書きやすい簡単な記事があることや、案件数が多いため初めての在宅ワークでチャレンジする人が多いのが特徴です。

テストなどの添削・校正業務

平均自給換算額難易度
〜500円★★

赤ペン先生のようなテストの添削や、記事などを校正する業務も主婦におすすめな業務です。校正業務に関しては、誤字脱字がないかチェックするため、ある程度のライティング経験が求められる場合もあります
しかし、案件によっては誤字脱字のチェックだけの場合もあるため、案件によってはライティング経験がなくても可能な場合もあります。

文字起こし業務

平均自給換算額難易度
〜900円

録音した音声や映像のセリフを文字に起こす(書く)業務です。文字起こしはテープ起こしとも言い、文字起こしの場合は、言葉をそのまま文字に起こすだけなので、在宅ワーク初心者向けの業務と言えるでしょう。
最近では、携帯の音声読み上げ機能を使って文字起こししている場合もあり、文章を書くのが苦手だけど、コツコツ作業するのが好きな方にはおすすめです。

リサーチ業務

平均自給換算額難易度
〜700円★★

名前の通り、リサーチ(調べる)業務です。案件によって調べる内容も異なり、調べ方によって内容の質も変わってしまうため、日ごろから検索慣れしている方、何かと検索するのが好きな方に向いている仕事と言えるでしょう。

電話業務

平均自給換算額難易度
〜1,500円★★★

電話業務は、主に自宅で行うコールセンターの業務のことを指します。以前はコールセンターの仕事は、会社に出社するのが基本でしたが、現在はスマホ1つで業務ができるまでになっています。自宅での業務になるため、マニュアル完備されているケースも多いです。人と会話するのが好きな方、接客業経験のある方、コールセンターの経験がある方が多く働いています

秘書業務

平均自給換算額難易度
〜1,200円★★★★

社長や役員のサポートを行う仕事です。スケジュールの管理、請求書の管理など、あらゆる業務をこなす必要があります。そのため、効率良く業務をできる方やタスク(やること)管理がしっかりできる方が好まれます。子育て中のママや主婦であれば、日常的にスケジュール管理をしていることが多いため、能力の高さを評価してもらいやすい業務と言えます。

出品・発送業務

平均自給換算額難易度
〜700円

メルカリなどのオークションサイトや、企業商品を出品したり発送の手続きを行う業務です。案件によって多少の違いはありますが、商品情報の作成や購入後の梱包、発送の手続きを代行するのが主な仕事です。簡単な在宅ワークではありますが、月に2~3万程度の収入となっているため、しっかり稼ぎたいという場合には向きません。

翻訳業務

平均自給換算額難易度
〜2,000円★★★★

資料を日本語から英語にしたり、反対に英語を日本語に翻訳する業務です。翻訳する言語は、英語が多いですが、その他の言語も案件にはあります。「外国語が得意!」という場合には、おすすめの仕事ではありますが、注意したいのは文章にできるだけの語学力(文章能力)が必要なことです。資料を英語に翻訳する場合は、ビジネス英語を問われる場合もあります。

デザイン・サイト制作などクリエイティブ業務

平均自給換算額難易度
〜3,000円★★★★★

Webサイトの制作や、デザインを行う業務です。最近では、ママデザイナーなども増えており、一度スキルを身に着けてしまえば、稼げる仕事でもあります。しかし、在宅ワークの場合はすでに経験のある人のみ対象となっているため、独学で身に着けている以外は、未経験では難しいと言えます。

安全な求人を探す方法

在宅ワーク詐欺に引っかからないようにするには、運営元がしっかりしている求人サイトや業者を利用するのが無難です。
在宅ワーカーには「雇用型」と「自営型」の2種類があり、どちらの働き方を選ぶかによって求人の探し方も異なってきます。自分がどちらに適しているのか、事前によく考えておきましょう。

求人サイトで探す

企業の正社員や派遣社員として働く雇用型の在宅ワーカーは、ネットの求人サイトに登録して仕事を探すのが一般的です。
担当者と面談する際は企業まで出向く必要がありますが、ネット環境があれば自宅で仕事を探せるので手間がかかりません。
一般的な求人サイトで仕事を探すときは、「在宅OK」と記載されている募集を探してみましょう。検索する際に、「在宅OK」にチェックを入れておけば、効率よく仕事を探すことができます。
気になった仕事はその場で保存しておくと、あとで比較しやすくなります。

クラウドソーシングで探す

企業に属さず、個人事業主として働く自営型の在宅ワーカーは、クラウドソーシングを利用して仕事を探す人が多い傾向にあります。
クラウドソーシングとは、業務委託を考えている発注者と、仕事を探している受注者が集まるサイトのことです。
クラウドソーシングを利用すれば、自分で仕事を探しに行く手間がかからず、効率よく仕事を獲得することができます。
一部上場企業や個人事業主まで様々な発注者がいますが、中には低すぎる報酬額を設定している発注者もいるので注意が必要です。発注者の評判を事前にチェックしてから、仕事を引き受けるようにしましょう

在宅ワーク探しにおすすめな求人サイト4選

ネットで検索すると様々な求人サイトがヒットするため、どれを選んだらいいか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。
これから在宅ワークを始めるなら、在宅ワークの求人が多いサイトを利用しましょう。求人数が多ければそれだけ選択肢も広がり、自分に合った仕事を見つけやすくなります。

バイトル

ディップ株式会社が運営する「バイトル」は、バイトから正社員にいたるまで、様々な雇用形態をカバーしています。求人情報は全国に対応しており、24時間リアルタイムで最新情報が更新されています。
事前にスマホアプリをダウンロードしておけば、履歴書の作成やシフト管理を行うことができ、手間がかかりません。
現在の応募状況がわかる「応募バロメーター」など独自の機能が満載で、使い勝手も良好だと言えます。

シェアフル

「シェアフル」1日単位の単発バイトに特化したスキマバイトアプリです。接客系の求人からデータ入力など在宅でできるバイトまで、幅広いバイトを網羅した求人アプリです。従来の派遣とは違い、勤務先と1日限りの雇用契約を結ぶという形で働きます。
登録・本人確認さえしておけば、アプリ内で応募するだけですぐに働くことが出来ます。

Indeed(インディード)

Indeedを利用すれば、他の求人サイトに掲載されている案件もまとめて検索することができます。
ベトナム語翻訳や動画企画、 SNS書き込みや宅建スタッフなど、他のサイトにはないレアな求人情報が豊富に紹介されているのが特徴です。

マイナビバイト

株式会社マイナビが運営する「マイナビバイト」は、一人一人に専任の担当者がついて求人探しをサポートしてくれます。
 マイナビという知名度の高さとブランド力も魅力の一つです。データ入力や校正などのオフィスワークからシニア向けの案件まで、在宅ワークの求人も豊富に掲載されています。

在宅ワーク探しにおすすめなクラウドソーシング11選

クラウドソーシングにも様々な種類がありますが、ここでは利用者からの評判がいいサービスを紹介します。

クラウドワークス

会員数が100万人を超える「クラウドワークス」は、日本最大級のクラウドソーシングです。
サイト上に掲載されている仕事は246種類あり、新しい案件が随時更新されています。
有資格者向けの案件から初心者向けの案件まで、様々なジャンルの仕事が多数掲載されており、自分のレベルに合った仕事を選ぶことができます。
案件が常に豊富にあるため、「仕事がない」と困る心配はありません。

ランサーズ

「ランサーズ」は最大手のクラウドソーシングサービスです。税務サポートや福利厚生など、フリーランスが働きやすい環境が整備されており、高単価の案件も豊富に用意されています。
仕事の案件数はクラウドワークスと比べると若干劣りますが、検索条件が豊富に用意されているため、自分に合った仕事を効率よく探し出すことができます。

ママの求人

「ママの求人」は、子育てをしながら働いているママや主婦向けのクラウドソーシングサービスです。
家庭と仕事を両立しやすい求人だけが掲載されており、わからないことがあればLINE@でプロに相談することもできます。
毎日忙しいママのために、コンシェルジュが入社までの活動を無料でサポートしてくれます。

ママワークス

「ママワークス」では主婦向けの求人を扱っているクラウドソーシングです。
自宅にパソコンがない主婦向けのパソコンレンタルサービスや、電話によるキャリアカウンセリングなど、在宅ワーク初心者が働きやすい環境が整っています。
カウンセリング費用は無料なので、在宅ワークについてわからないことや不安に思っていることがあれば、遠慮せずに相談してみましょう。

シュフティ

「シュフティ」は主婦向けの案件を多数揃えている老舗クラウドソーシングサービスです。
パソコンだけでなく、スマホで仕事ができるアプリを提供するなど、新しいサービスも提供しています。
サイトに掲載されているのは事務局で承認した案件のみとなっているため、安心・安全に在宅ワークを始めることができます。

コールシェア

株式会社コールナビが運営する「コールシェア」は、自宅でオペレーター業務ができる求人を多数紹介しています。
Web電話を使ったオンライン研修を行なうなど、コールセンターの勤務経験がない未経験者向けのサポート体制も万全です。
必要な機材はコールシェアが用意してくれるため、パソコンを持っていない主婦でもすぐに仕事を始めることができます。

Shinobiライティング

「Shinobiライティング」は、業界最大ライター数を誇る記事作成代行サービスです。文字数ごとに分けた案件やボーナスポイントが貰える案件など、案件種類が多いのが特徴です。そのため、記事作成が未経験でも始めやすいです。

ブログルポ

「ブログルポ」は、ライター向けのサポート体制が整っているライティングサービスです。万が一、作成した記事が否認であった場合も、改善ポイントなどを教えてくれるため、回数を重ねるごとに質の高い記事を作成できるようになります。

Bizseek(ビズシーク)

ライティングはもちろん、システム開発やデザイン制作など50種類以上の案件がある「Bizseek(ビズシーク)」。案件の受注方法は、事前にある程度決めてから作業に入るプロジェクト式と、ロゴやデザイン向きのコンペ式の2種類があります。

サグーワークス

「サグーワークス」は、ライティングの在宅ワークサービスです。ライターランク(ライターの能力)によって受けられる案件・報酬が異なるのが特徴です。はじめは案件が限られてきますが、ランクが上がることで仕事の幅も広がるため、モチベーションも保ちやすいでしょう。

クラウディア

会員数100万人を誇る「クラウディア」。業界最低水準の3%の手数料や、非公開の高単価案件もあります。ライティング以外の案件数も随時追加されています。案件の取引方法も4種類から自分に合った方法のものを見つけることができます。

在宅ワークの給与はいくら?

厚生労働省が出した「在宅ワーカーの就業意識に関する調査」によると、在宅ワーカーの平均月収は5万円以下が最も多く、全体の25%を占めています。
その一方で、給与30万円以上もらっている人は全体の20%を占めており、在宅でもサラリーマン並みの収入を得られることがわかります。

在宅ワークで月収30万円以上稼ぐ方法

在宅ワークの勝ち組に入りたいなら、普段の行動を変える必要があります。急に大きく変えるのは難しいので、まずは自分の出来るところから変えていきましょう。

・時間を確保する

スキルがない人でも、毎日働く時間をしっかり確保できれば、毎月30万円以上稼ぐことは十分可能です。
在宅ワークであれば毎日のスケジュールを自由に立てられるので、テレビを見る時間などを節約して、勤務時間を増やす努力をしてみましょう。
自宅で仕事をしていると、プライベートな時間と労働時間の区別が曖昧になってしまうことがあります。
報酬アップを望むのであれば、あらかじめ労働時間と休憩時間を決めておき、時間管理をしっかり行いましょう。タイマーなどを活用するのも一つの方法です。

・在宅ワークを本業にする

副業でもある程度稼ぐことは可能ですが、生計を立てるだけの収入がほしいのであれば、在宅ワークを本業にする必要があります
ある程度仕事に慣れてきたら、副業から本業に切り替える準備をしていきましょう。 ちょっと稼いだくらいですぐに本業に切り替えてしまうのは危険です。
本業より稼げる見込みができたときや、安定した収入を得られるようになったときが、本業に切り替える目安になります。
フリーランスの仕事は収入が不安定になりやすいので、安易な判断は禁物です。

・高収入の仕事にチャレンジする

在宅ワークの仕事には様々な種類があります。簡単な仕事や安い仕事ばかりしていては、大きく稼ぐことはできません。
多少難しいと思えるような仕事でも、高報酬の仕事には積極的にチャレンジしていきましょう
難しい仕事をこなしていくうちに自分のスキルも上がっていき、高報酬を得られるようになります。

・経験を積む

どんな仕事でも、慣れないうちは大きく稼ぐのは難しいと言えます。すぐに結果が出ないからといって仕事を投げ出してしまうのではなく、何度もチャレンジして経験を積んでいきましょう。
コツを掴むことができれば、仕事もはかどるようになります。焦ってしまうと失敗しやすいので、コツコツ努力を積み重ねることが大事です。

稼ぎやすい在宅ワーク4選

同じ在宅ワークでも、稼げる仕事と稼げない仕事があります。将来大きく稼ぎたいと考えているなら、稼げる仕事の特徴を押さえておきましょう。

プログラマー

平均月収習熟までの期間
30万〜40万円2〜3年

日本ではプログラマーが不足しているため、高い技術力を有したプログラマーであれば高単価な仕事を獲得することができます。
プログラマーのメリットは、将来性がある点です。プログラマーのニーズは年々高まっており、技術と知識を獲得できれば「仕事がない」と困ることはありません。
1件あたり数万円〜数十万円の案件が多く、中には20代で年収700万円以上稼いでいる人もいます
メリットがある一方で、初心者には挑戦しづらいデメリットもあります。独学でスキルを取得するのは難しいため、大学やスクールなどで一から勉強する必要があります。
最近はオンラインのプログラミングスクールもあるので、社会人でもスキルを獲得ことは可能です。
実際に仕事ができるようになるまで時間とお金がかかりますが、スキルを獲得すれば高収入を望めます。
ITの世界は変化が激しいため、常に新しいことを学び続ける意欲のある人に向いた仕事だと言えるでしょう。

ウェブデザイナー

平均月収習熟までの期間
25万〜30万円1〜2年

ウェブデザイナーは企業のホームページなどのデザインを手がける仕事です。需要が多い仕事なので、フォトショップやイラストレーターなど必要な知識を身につければ、安定した収入を得ることができます。
ウェブデザイナーの場合、将来スキルアップができるメリットがあります。ウェブデザイナーの経験を活かしてウェブディレクターやウェブプロデューサーに転身すれば、収入も大幅にアップします。
ただし、ウェブデザイナーとして大きく稼ぐには、デザインの知識だけでなく、htmlやphp、CSSなどのプログラミング言語の知識が必要になります
守備範囲の広い仕事なので、学習意欲がないと途中で挫折してしまうこともあります。「デザインが好き」という理由だけでは稼ぐことは難しいでしょう。
ウェブデザイナーの平均年収は300〜400万円となっています。長時間働いた割には給料が安く、人の出入りも激しい業界です。転職者の多い業界なので、求人探しに困ることはありませんが、年収アップを目指すのであればキャリアアップかスキルアップが必要です。おしゃれなイメージと異なり体力勝負の世界なので、学習意欲のある若い人向けの仕事だと言えるでしょう。

翻訳

平均月収習熟までの期間
40万〜50万円2〜3年

翻訳家の求人情報はクラウドワークスや求人サイトなどで常に掲載されているため、仕事が途切れる心配はありません。 年齢問わず働けるのも、翻訳者のメリットだと言えます。年齢が上がって経験と知識が増えるほど収入もアップしていき、有利になります。未経験でも他の求人に比べると収入は高いほうなので、語学が得意な人に適した仕事だと言えるでしょう。
ただし、英語の翻訳をするならTOEICで最低でも800点以上、出来れば900点以上はとっておきたいところです。TOEIC満点の強者でも、好条件の求人はライバルと仕事を取り合うことがあるため、「ちょっと英語が得意」というだけでは仕事は成り立ちません。翻訳家の平均年収は500〜600万円ですが、医学や薬学など専門英語を翻訳できる人や、マイナーな言語を翻訳できる人であれば、月収だけで100万円以上稼ぐこともできます。
専門知識がない人でも、翻訳するスピードが早ければ、平均年収よりも多く稼ぐことは可能です。

ライター

平均月収習熟までの期間
15万〜25万円〜1年

ライターは記事を執筆して報酬を受け取る仕事です。500文字程度の短文案件も多いため、初心者でも比較的チャレンジしやすい仕事だと言えます。ライターの仕事をしていると、様々な分野の知識が身につきます。ビジネスや美容、旅行や医療など複数ジャンルの記事を執筆することになるため、博識になります。
書くだけでなく調べることも仕事の一つなので、知的好奇心が旺盛な人に適した仕事だと言えるでしょう。ライターは求人が多い一方で、ブラックな求人も多いデメリットがあります。クラウドソーシングでは1文字あたり0.1円という低単価求人が多数掲載されており、このような案件を選んでしまうと大きく稼ぐのが難しくなります。このような求人には応募せずに、高単価な案件を獲得していきましょう。1文字1円以上の案件を定期的にこなしていけば、月収20〜30万円以上稼げるようになります。
ライターとして大きく稼ぐには、複数の案件をかけもちする必要があります。当然ながら、案件ごとに納期が異なるため、スケジュール管理が欠かせません。時間管理が得意な人に向いている仕事です。

>さらに詳しくライターの在宅ワークについて知りたい方はこちら

初心者でも稼ぎやすい在宅ワーク4選

在宅ワークには、スキルや知識がなくても稼げる仕事がたくさんあります。

アンケートモニター

平均月収難易度
〜1万円★★

アンケートモニターはその名の通り、アンケートに答える仕事です。スマホだけで仕事ができる点が最大のメリットだと言えます。
難しい作業は一切必要ないため、テレビを見ながら稼ぐことも可能です。 早ければ数秒で終わる仕事なので、子育てが忙しくてまとまった時間が取れない主婦や、コツコツ地道な作業ができる人に向いています。
 一方で、大きく稼ぎたい人には不向きな仕事だと言えます
アンケートモニターは時給にすると300円前後しかならないため、毎日コツコツ作業をしないと、まとまった収入を得ることができません。
 求人は豊富にありますが、人気アンケートはすぐに定員オーバーになってしまうので注意が必要です。

データ入力

平均月収難易度
〜2万円★★

データ入力は名詞やリストなどにデータを入力していく仕事です。正社員から在宅勤務まで様々な雇用形態がありますが、在宅でデータ入力を行う場合の報酬は、1件あたり100〜300円となります。
特別なスキルは必要ないため、誰でも気軽にチャレンジしやすいメリットがあります。ただその一方で、作業にメリハリのない単純作業になるので、飽きやすいデメリットがあります。
データ入力はパソコンのスキルを上げたい人や、未経験の求人を探している人に向いている仕事だと言えます。
事前にブラインドタッチをマスターしておくと入力スピードが上がり、稼ぎやすくなります

>さらに詳しくデータ入力の在宅ワークについて知りたい方はこちら

在宅コールセンター

平均月収難易度
5〜10万円★★★

在宅コールセンターは自宅でできるコールセンター業務です。他の在宅ワーク求人と比べて給与が高く、初心者でも稼ぎやすいメリットがあります。
1日3〜4時間、月14日働くだけで平均5〜8万円の収入を得ることが出来、実力次第では10万を超えることも可能です。
勤務時間を自由に選べる場合が多いので、マイペースに働きたい人に適しています。毎日育児で忙しい主婦や、未経験でも大きく稼ぎたい人に最適な仕事だと言えるでしょう。
ただメリットがある一方で、サポート体制がしっかりしていないと挫折しやすいデメリットもあります。サポートが薄いと、マニュアルにない対応を求められたときに困ってしまい、余計なストレスを抱えてしまいます。
在宅コールセンターの仕事を始める時は、サポート体制の有無をしっかり確認しておきましょう。

>さらに詳しく在宅コールセンターの在宅ワークについて知りたい方はこちら

内職

平均月収難易度
〜2万円

内職はシール貼りや広告封入などの軽作業を行う仕事です。どの仕事も作業自体は簡単なので、特別なスキルは必要ありません。
作業に慣れれば、テレビや動画を見ながら作業することもできます。頭や体力を使わずに作業できるのが、内職の大きなメリットだと言えるでしょう。
ただ仕事内容が簡単なだけに、その他の仕事に比べて単価が低いデメリットがあります。毎日6時間以上働いたとしても、月5万円程度しか稼ぐことができません
毎月10万円以上の収入が欲しい人には不向きですが、お小遣い程度の稼ぎがほしい人や、パソコンが苦手な人に向いている仕事だと言えます。

>さらに詳しく内職の在宅ワークについて知りたい方はこちら

在宅ワークの口コミ・評判

在宅ワークを始めるべきか迷っている人は、実際に在宅ワークを行っている人の意見を参考にしてみましょう。

良い口コミ



在宅ワークをしている人の中には、複数の仕事をかけもちしている人もいます。そのような人は結果もすぐに出やすく、仕事も長続きしやすいと言えます。
正しいやり方できちんと努力すれば、在宅ワークでもしっかり稼げると感じている人が多いようです。中には本業として独立した人までいます。
求人選びを間違えなければ、在宅ワークでも大きく稼ぐことは十分可能だということがわかります。

悪い口コミ



単価の低い案件があることに嫌気を感じている人が多いようです。甘い言葉で誘ってくる詐欺のような案件も多く、不安がっている人もいました。
在宅ワークで安全に稼いでいくには、案件の良し悪しを自分で見極める力が必要になります。どの求人を選ぶかどうは自分次第なので、くれぐれも怪しい案件には手を出さないように注意しましょう。

在宅ワークを家事と両立させるコツ

在宅ワークは自宅でできるメリットがある分、慣れるまではオンオフの切り替えに悩む方もいます。特に家事との両立がうまくできず悩んでいるなんて声も良く耳にします。上手に在宅ワークと両立するためにも、いくつかポイントを踏まえて両立を目指していきましょう。


ながら作業をしない

自宅という場所柄さまざまな誘惑も多く、ついついながら作業をしてしまいがちです。しかし、家事と上手に両立するためには、もっとも避けたい行動の1つです。ながら作業をしないためには、「時間を決めて作業すること」が大切になってきます。例えば、「今日は3時間集中してやる」など決めるだけで、集中力が途切れずに作業することができ、作業効率を上げることができます。1日の作業時間を逆算し、時間制限にすることでながら作業を回避することができます。


スケジュールに余裕をもって受注する

在宅ワークを始めたばかりであれば、「このくらいの期間でこのくらいはできるかな?」と漠然と計画を立てていると思いますが、スケジュールは余裕を持っておくことが望ましいです。期限ギリギリの状態で受注してしまうと、急なお休みなどイレギュラーがあった際に対応できなくなってしまうためです。また、余裕をもつことで内容をしっかりチェックしながら進めていけます。


家族の理解を得ておく

在宅ワークをする際、忘れてはいけないのが家族の理解です。そのために、事前に家族に「仕事内容を説明すること」や「オンオフの切り替えの姿を見せる」必要があります。ミーティングであれば、傍から見ても仕事中であることはわかりますが、作業内容によっては家族に話しかけられたりと、作業がストップしてしまう可能性があります。また、仕事中と休憩中の姿を見せることで、家族側にも伝わりやすくなります。家事との両立をするためにも、このポイントは抑えておきましょう。

自分に合った在宅ワークを選ぼう

在宅ワークの求人は常に豊富にあります。求人サイトやクラウドソーシングを利用すれば、様々な求人を探すことができ、手間がかかりません。まずはどんな仕事があるのか、チェックしてみましょう。
在宅ワークを始めるときは、くれぐれも怪しい広告や詐欺まがいの案件に引っかからないように注意しましょう。
経験を積んでいけば、優良な発注者と悪質な発注者を見分けられるようになりますが、最初のうちは選択を間違えてしまうことがあります。甘い話には乗らずに、信頼できる企業や求人を選ぶようにしましょう。
在宅ワークでも正しい方法で求人を探していけば、本業以上に稼ぐことが可能になります。自宅で仕事をするときは時間管理をしっかり行い、プライベートな時間としっかり区別をつけましょう。


好きな時に、
好きなだけ働ける!

時間や場所に縛られない
在宅コールセンター
時間や場所に縛られない在宅コールセンター

自由なタイミングで好きな時間だけ仕事ができます。

在宅をしている女性(ニコニコ)
どんな働き方ができるか見る