ログイン
sample
公開日:2019-11-15 最終更新日:2021-11-25

家でできる仕事56選!おすすめの在宅ワークや種類も一挙紹介!

自宅で仕事ができることで人気の在宅ワークを一挙に紹介します。

家でできる仕事は沢山の種類があるため、自分に適した仕事が見つけられない方も多いです。また、在宅ワークならではの危険性や意外な落とし穴もあるので、自宅でできる仕事を探す際は注意が必要です。

本記事では在宅ワークの種類を、注意点を交えて解説していきます。おすすめの職種も掲載しているので、初心者の方も必見の内容となっています。

今後在宅ワークを始めようとしている方、検討している方はぜひ参考にしてください。



【目次】

  • そもそも在宅ワークとは?
  • 在宅ワークは怪しい?

  • 《専門スキルがある方の在宅ワーク》
    1:Webエンジニア
    2:Webデザイナー
    3:システムエンジニア
    4:システムプログラマー
    5:パタンナー
    6:DTPデザイナー
    7投資家
    8:トレーダー
    9:CADオペレーター
    10:写真撮影

    《文章を書くのが好きな方の在宅ワーク》
    11:ブログ記事代行
    12:ブロガー
    13:シナリオライター
    14:Webライター
    15:アフィリエイト
    16:セールスコピーライター

    《手先が器用な方の在宅ワーク》
    17:イラストレーター
    18:LINEスタンプ制作
    19:ハンドメイド
    20:ネイリスト
    21:カービング

    《勉強や教えることが好きな方の在宅ワーク》
    22:オンライン講師
    23:テスト採点・添削
    24:問題集の構成・編集
    25:翻訳家
    26:料理教室
    27:自宅塾
    28:宿題代行

    《サポートするのが好きな方の在宅ワーク》
    29:在宅コールセンター
    30:在宅秘書
    31:チャットサポート
    32:モーニングコール
    33:トラベルコンシェルジュ
    34:仲人
    35:カウンセラー
    36:記帳代行

    《コツコツ作業が好きな方の在宅ワーク》
    37:商品モニター
    38:アンケートモニター
    39:データ入力
    40:お小遣いサイト
    41:内職
    42:文字起こし・テープ起こし
    43:エクセルやパワーポイントの作成
    44:校閱

    《面白いことが好きな方の在宅ワーク》
    45:飲食店開業
    46:民泊
    47:占い師
    48:Youtuber
    49:Instagramer
    50:スプナー
    51:作曲
    52:ライブチャット
    52:ライブチャット
    53:ネット声優

    《販売に興味がある方の在宅ワーク》
    54:フリマアプリ
    55:せどり
    56:ドロップシッピング

    在宅ワークの始め方は?
    仕事場のインテリアはどうする?
    まとめ


そもそも在宅ワークとは?

在宅ワークとは、自宅で業務委託を受けて仕事をこなし、収入を得る働き方のことです。

身体的・精神的に外で働くのが難しい人だけでなく、家事や子育てに追われる主婦や学業に励む大学生からも人気を得ています。バイトやパートとして在宅ワークをする人も多いですが、本業として在宅ワークをこなしている人も存在します。

在宅ワークの働き方やメリット・デメリットについてもっと詳しく知りたい人は、次の記事を合わせてチェックしてみましょう。始めるのに必要なスキルや、始めるための方法が詳しく紹介されています。
在宅ワークをやってみようか迷っている人は、必見の内容です!

>【最新版】在宅ワークってどんな働き方?在宅ワークのメリットや仕事の始め方を徹底解説

在宅ワークと似た意味を表す言葉としてリモートワークや内職がありますが、それぞれ具体的な違いがあるのでこの機会にしっかり押さえておきましょう。

下の記事はリモートワークや内職にプラスして副業の違いを分かりやすく解説している記事です。

それぞれの言葉の違いだけでなく、具体的な仕事内容も合わせて紹介しているので参考にしてみてください。

>【呼び方】在宅ワーク・リモートワーク・内職・副業の違いを解説!

在宅ワークの中には怪しい仕事もあるので注意

「在宅ワークはなんで稼げる?」「自宅にいながら収入があるなんて怪しくない?」

そう考える人も少なくないと思います。

確かに在宅ワークの中には一定数、怪しい仕事も存在します。快適かつ安全に在宅ワークをしたい人は、あらかじめどのような被害を受ける可能性があるのか知っておくことがポイントです。

怪しい仕事かどうか見極めるポイントをまとめたので、一緒にチェックしていきましょう!

在宅ワーカーを狙う詐欺の具体例としては、作業に対する報酬がいつまでももらえなかったり、高額な契約料や登録料、研修費用などを怪しい会社から請求されたりするものが挙げられます。

もう少し詳しく、在宅ワークの怪しい事例をチェックしていきましょう。在宅ワークによくある詐欺のパターンを順番に見ていきます。

【報酬がいつまでももらえない】

在宅ワークをする上で特に気を付ける必要があるのは、クライアントによる報酬の未払いです。
状況はケースバイケースですが、そもそもどう考えても作業が終わらないような無理な納期でクライアントから依頼を受ける場合が多いです。指定された納期に間に合わないことをクライアントに相談すれば、あれやこれやと文句を言われて報酬が支払わずに放置されるケースが考えられます。その他、成果物を納品してからまったく連絡が取れなくなる場合もあります。

在宅ワーカーにとって成果物を仕上げたにも関わらず、クライアントから報酬を支払われないというのは死活問題に繋がりかねません。契約する会社が分かる状態であれば、事前にインターネットを使って会社名や電話番号などを使って口コミ情報をチェックしましょう。

【高額な契約料や登録料、研修費用などを請求される】

在宅ワークの仕事を開始する前もしくは始めてから少し経つと、契約料やシステムの登録料、研修費用や教材費用を請求される詐欺のパターンです。

契約料や登録料の場合は、仕事の契約をするタイミングで相手先から免許証などの本人確認書類や個人情報などの提出が求められ、それを基に電話やメールで連絡が来る流れが一般的です。
在宅ワークの未経験者であれば右も左も分からない状態で仕事をすることになるので、つい料金を支払ってしまうかもしれません。料金の支払いを渋ると、「○○さんは才能があるからすぐに元が取れるので心配いりません」などのように甘い言葉で誘導される可能性が高いです。

相手先から契約料や登録料を請求されたときは、一度冷静になって考えてみましょう。

確かに、在宅ワークの働き方は特殊ではありますが、仕事をする場所が自宅になるだけで大筋の流れにそこまで大きな違いはありません。
外でバイトやパート、正社員などとして働くときに、雇用主から契約料や登録料を支払うように要求された経験はないはずです。収入を得るために在宅の仕事をするのに、先にまとまった料金を支払うというのは本末転倒です。

研修費用の場合は、仕事を契約してからしばらく経過したタイミングで、雇用主から自費で負担しなければいけない研修を受けるように促されたり、半強制的に仕事に関する教材を買わせる詐欺の形式が多くなっています。

初心者で在宅ワークを始めるとなると、仕事が欲しいあまり、冷静な判断ができない場合があります。

在宅ワークを始めてすぐの時期は特に、今回紹介した注意点に気を付けましょう。在宅ワーカーとしての経験を積むほど、良質なクライアントの判断が簡単にできるようになります。
クライアントの良し悪しが分からない間は、すぐに契約したり、二つ返事で取引をしないようにすることがポイントです。

在宅ワークはどんな種類がある?

ここまで、在宅ワークの基本的なポイントを紹介してきましたが、在宅ワークの職種は非常に多岐にわたります。

下の記事は、数ある在宅ワークの中でも特に高収入が見込める職種が40個紹介されています。安全に稼げる在宅ワークの種類を一通りチェックして、自分の興味がある仕事や特技が生かせそうなものをリストアップしておくとスムーズに働き出せます。

>高収入在宅ワーク40選:安全に稼げる在宅ワークを収入別・種類別に紹介

それでは、在宅ワークに落とし穴はないか気になっている人のために、仕事種別ごとに落とし穴や陥りやすい点を解説していきます。
この記事で紹介する56個の在宅ワークの一覧は、次の通りです。
自分の能力が活かせそうな仕事や気になる職種からチェックしてしてみてくださいね。

1:Webエンジニア
2:Webデザイナー
3:システムエンジニア
4:システムプログラマー
5:パタンナー
6:DTPデザイナー
7投資家
8:トレーダー
9:CADオペレーター
10:写真撮影
11:ブログ記事代行
12:ブロガー
13:シナリオライター
14:Webライター
15:アフィリエイト
16:セールスコピーライター
17:イラストレーター
18:LINEスタンプ制作
19:ハンドメイド
20:ネイリスト
21:カービング
22:オンライン講師
23:テスト採点・添削
24:問題集の構成・編集
25:翻訳家
26:料理教室
27:自宅塾
28:宿題代行
29:在宅コールセンター
30:在宅秘書
31:チャットサポート
32:モーニングコール
33:トラベルコンシェルジュ
34:仲人
35:カウンセラー
36:記帳代行
37:商品モニター
38:アンケートモニター
39:データ入力
40:お小遣いサイト
41:内職
42:文字起こし・テープ起こし
43:エクセルやパワーポイントの作成
44:校閱
45:飲食店開業
46:民泊
47:占い師
48:Youtuber
49:Instagramer
50:スプナー
51:作曲
52:ライブチャット
52:ライブチャット
53:ネット声優
54:フリマアプリ
55:せどり
56:ドロップシッピング

《専門スキルがある方の在宅ワーク》
1:Webエンジニア
「カフェでテキストを入力する」の写真


Webエンジニアは在宅で勤務する場合、落とし穴に落ちないためにクライアントとの関係を良好に保つことが重要です。
在宅Webエンジニアの仕事はクライアントが求めるプログラミングやマーケティングを提供することなので、意思疎通の深さが制作物の良し悪し繋がるといっても過言ではありません。

いくらWebエンジニアとしての能力が高くても、円滑にコミュニケーションが取れなければなかなか成果が上がらないので気を付けましょう。特に、在宅Webエンジニアはメールやチャットなど文章だけで意思疎通をすることが多いので、意識して分かりやすい文章を使うことをおすすめします。

2:Webデザイナー

在宅のWebデザイナーは、データ管理に注意が必要です。

せっかく手掛けたデザインもファイルが消えたり、壊れたりすると水の泡になります。パソコンにセキュリティソフトを入れるのはもちろんのこと、データをクラウド上に保管するなど、徹底的に管理することをおすすめします。

指定日までにデザインを提出できなければ、クライアントからの信頼を失くしかねません。信頼関係が破綻すると再構築するために時間が必要になるので、在宅でWebデザインをする場合は気を付けて作業しましょう。

3:システムエンジニア

在宅でシステムエンジニアをする場合は、発注先との行き違いに注意しましょう。
クライアントの意向に沿わないシステムを納品すると、既定の報酬が受け取れない可能性があります。仕様書にきちんと目を通した後に、作業に取り掛かるようにすることがポイントです。

4:システムプログラマー

自宅でシステムプログラマーをする場合は、システムトラブルを未然に防止しなければ足元を掬われる可能性があります。
会社で勤務しているシステムプログラマーの場合は、クライアントに納品したシステムでトラブルが発生したときにチームで解決しますが、個人で仕事を受け持つとすべて自分で対処しなければいけません。システムトラブルの復旧は内容によってひどく時間がかかる場合もあります。
その対処にあたっている期間は、別の仕事ができないので時間を有効活用するためにもできるだけトラブルを防止することがポイントになります。

5:パタンナー

デザインから型紙をおこすパタンナーは、クライアントとの意思疎通が非常に重要です。
クライアントからの要望をしっかり押さえたつもりになっていても、納品後に修正を要求されることがあります。他の依頼を請け負った中で修正依頼に対応すると手が回らずに、自分の首を締めてしまう落とし穴にはまることがあるので注意しましょう。

常に納期を意識しながら決められた期間内に型紙の製作をしなければいけないので大変ではありますが、服飾やデザインが好きな人にぴったりの在宅ワークです。

6:DTPデザイナー

DTPデザイナーは経験や実績がないと、仕事を受け持つのが難しい在宅ワークのひとつです。
初心者でいきなりDTPデザイナーとして在宅で働くのは厳しいため、まずは関係資格(Adobe認定エキスパートやDTP検定)を取得することから始めると落とし穴にはまりづらいです。

7:投資家

投資家は短期的に利益を出すことを意識しすぎると、落とし穴にはまって金銭的・資産的に損をする可能性があります。
本来、債券や株式などは長期的に投資をすることが前提になっています。「すぐに利益が出る」と人気を集めている投資商品を選ぶと、市場の流行においていかれて一瞬で時代遅れの投資家に陥ることも珍しくないのです。市場動向の動きに違いがある投資商品を見極めて、投資活動をするなどの工夫が大切です。

8:トレーダー

オンラインでトレーダー収入を得るときは、回線やサーバー、システムダウンに備えた事前準備が必要です。

トレードは数秒、数分で状況が激しく変わることがあります。したがって、予備のサーバーを設置したり、別の取引経路を確保したりなどすることが大切です。ここぞといった取引のときに回線やサーバーなどが原因で思うように動けないと、大きな利益を取り逃しかねません。
自ら落とし穴にはまってしまわないように、できるかぎりの準備は万全にすることをおすすめします。

9:CADオペレーター

CADオペレーターのスキルがあって、在宅で仕事を請け負う場合は必要に応じて営業をかける必要があります。
高い専門性を要する仕事なので、無名の状態でクライアントを見つけるのは難しいでしょう。他のCADオペレーターに負けない営業力でクライアントが自分の魅力に気付くよう働きかけなければ仕事がもらえません。

報酬を得るためには仕事をもらう相手を見つけなければいけないので、営業力がなければ在宅でCADオペレーターとして稼ぐのは厳しいと言えます。

10:写真撮影「桜の撮れ高を確認するカメラマン」の写真


写真撮影で稼ぐ方法は、自分で自由に撮影して素材を販売する方法とクライアントの依頼に応じた写真を撮って納品する方法の2つがあります。

自分で自由に撮影する場合は撮った写真が必ず売れるわけではないので十分に稼げない可能性がある一方、クライアントの依頼に応じる場合はポイントをしっかり押さえなければ差し戻されることがある点が落とし穴として挙げられます。

《文章を書くのが好きな方の在宅ワーク》
11:ブログ記事代行

クライアントが運営しているブログの記事を代行して執筆する在宅ワークの場合は、掲載するブログの文調にそわない言葉で記事を書くと落とし穴にはまることがあります。

誰かが運営しているブログはほとんどの場合、すでにいくつかの記事が掲載されています。例えば、「である調」で記事が執筆されているのに、依頼された記事を「ですます調」で書くとブログ全体の流れを壊してしまう可能性があるのです。別の人によってすでにブログが書かれている場合は、既存の記事をしっかり確認してから文章を書きましょう。

12:ブロガー

自分でネット上のブログを運営するブロガーは、広告収入を得ることでお金を稼ぐ在宅ワークです。ブロガーの落とし穴は、内容の整合性とページ運営の2つが挙げられます。

内容の整合性とは、ブログに掲載する記事に嘘や偽りがないかということです。故意でなくても、事実と違った点があれば、読者から苦情がくる可能性があります。最悪の場合、炎上することも考えられるので注意が必要です。

また、ブログページを自分で運営しなければいけないので、サーバートラブルや型崩れなどが怒った場合に対処する必要があります。ブログで在宅収入を得る前に、HTMLやCSSのスキルをある程度身に付けることをおすすめします。

13:シナリオライター

ナレーションやシナリオなどの執筆を手掛けるシナリオライターは、クライアントの基準を満たしていない場合に報酬が支払われない落とし穴にはまることが懸念されます。
シナリオライターに対するクライアントの要望書にきちんと目を通さずに執筆を始めると、修正が難しくなります。

先に説明した通り、在宅ワークにおいて制作物の報酬が支払われないと、収入を得られないので細心の注意を払うことがポイントです。クライアントの要望書には隅から隅まで目を通した上で、シナリオを書き始めることでこうしたトラブルに陥ることを防止できます。

14:Webライター「ソファーに座りインタビューしながら書き上げるライター」の写真


Webライターは、ライアントの希望に沿った記事を執筆できなければ、報酬が支払われないことがあります。
また、仕様書の条件を満たした記事を納品しても、悪質なクライアントであればいつまでたっても報酬が受け取れないこともある仕事です。在宅Webライターは、初心者でも簡単に始められる在宅ワークということで人気を集めていますが、自分でしっかり報酬管理をしなければ落とし穴に陥るので注意しましょう。

15:アフィリエイト

アフィリエイトは誰でも稼げる在宅ワークではないので、十分な知識がない状態で始めるといつまでたってもお金にならないという落とし穴から抜け出せません。
まずは、アフィリエイトで稼ぐ方法が事細かに記載された本などに目を通して、知識を付けることが大切です。

また、2000年初頭にはアフィリエイターを対象にした情報商材詐欺が横行しました。アフィリエイトで稼ぐハウツーが得られると称した高額な情報商材が販売され、利用者が料金を支払っても商材が届くことはないというものです。アフィリエイトに必要な知識を得ようと契約した会社で詐欺被害に遭うこともあるので注意が必要です。

16:セールスコピーライター

セールスコピーライターは未経験者でもセンスがあれば稼げますが、スキルが低いと高い収入は見込めません。
自分が考えた商品やサービスのキャッチコピーなどがはまらなければ、クライアントからの評価はなかなか得られません。セールスコピーライターとしてスキルが高い人は安定的に収入がありますが、初心者は蟻地獄式に抜け出せない状況に陥りやすいです。

まずは、副業として自分のスキルやセンスを磨き、経歴や実績を積んでから本格的にセールスコピーライターとして活躍することをおすすめします。

《手先が器用な方の在宅ワーク》
17:イラストレーター
「イラレでデザインのアウトラインを指定する様子」の写真


スマホアプリのアイコンを作ったり、Webサイト上に掲載するイラストを制作したりするイラストレーターは、釣り案件や買い叩きが落とし穴になりやすいので注意しましょう。

釣り案件とは、高報酬の案件をちらつかせかて別物のイラスト制作を在宅ワーカーに依頼するというものです。高報酬の案件はそもそも存在していないにもかかわらず、大型案件をちらつかせることで在宅ワーカーに小さな仕事を任せる手法は危険な会社の悪質な手口です。

買い叩きとは、クライアントの指示に従った制作物を納品しているにもかかわらず、不当な理由を付けて原稿料を減額したり、支払わなかったりすることです。こうしたクライアントは、在宅ワーカーとの関係が悪化しないように「弊社の大元のクライアントから報酬を減額するようにと言われた」などと言ってくる可能性があります。

クライアントの要望にきちんと応えた制作物を納品しているなら、理不尽だと感じる点をきちんと伝えることが大切です。クライアントに付け込まれる在宅イラストレーターに陥らないように気を付けましょう。

18:LINEスタンプ制作

スピーディにメッセージがやり取りできるSNSとして多くの利用者がいるLINEですが、トークで使えるスタンプを自分で作成することができます。LINEクリエイターズスタンプを在宅ワークで作成して稼いでいる人も増えています。

LINEスタンプ制作をするときの落とし穴としては、審査が挙げられます。

LINEクリエイターズスタンプは作成したからといって必ずネット上で販売されるわけではありません
スタンプを作成後、3日~7日かけて審査が実施されます。審査に落ちた後は再審査も受けられますが、最初の審査よりも時間がかかると言われているので注意が必要です。また、すぐに収入に結びつくわけではないことを覚えておきましょう。

19:ハンドメイド

実は手軽に始められるハンドメイドですが、意外な落とし穴があります。本記事では3つの落とし穴をご紹介していきます。

まず1つ目は、著作権や盗作に関しての落とし穴です。
本やネットの作品を真似して作ると盗作にあたるので注意が必要です。自分では模倣したつもりがなくても、作品を見て連想できると判断されると著作権の侵害にあたる可能性があります。趣味の一環として誰かの作品を参考にして作成するのは問題ありませんが、誰かに販売するときは注意しましょう。

2つ目に、商標法や意匠法に違法するケースが挙げられます。
こちらは元ある商品をリメイクする際に注意が必要です。本来、リメイクとは元の商品とまったく異なるものを作成する行為ですが、ブランドのロゴを不正に使用したり、デザインをそのまま使ったりすると法律違反に該当する場合があるのです。商品をリメイクして販売するときは違法行為にならないように注意しなければ、最悪の場合、訴えられる可能性もあるので注意が必要です。

3つ目は、販売の際に許可証や届け出が必要なケースです。
家具を製作し販売する場合は、販売の許可証が必要になることがあります。許可なしに手作り家具を販売すると、何か起きた場合に取り返しが付かなくなってしまいます。手作り家具を製作するときに許可証や届出が必要になる具体例は次の通りです。

古物商許可の免許:中古家具を仕入れてリメイク後に販売する場合
移動販売に関する許可:家具を自動車などを使って移動しながら販売する場合
PSEマークの取得:コンセントが付いた家具を販売する場合
特定商品取引法の表示:ネットショップを利用して家具を販売する場合

20:ネイリスト

ネイリストとしての経験が豊富な人はそれほど心配する必要はありませんが、在宅のネイリストは特に技術が売上に直結しやすいです。
1度でも施術をしたネイルがすぐに浮いてきたり、甘皮処理でお客様の肌を傷つけたりすると、2度とお店を利用してもらえない可能性が高くなります。

在宅ネイリストはお客様と向き合う時間が長い分、技術や信頼関係がものを言います。失敗してしまった場合は、お客様にきちんと謝罪をしたうえで、すぐに必要な対処をするようにしましょう。在宅ネイリストとして収入を得るためには、固定客を持つことがポイントになります。悪い口コミ情報が流れると、客足が悪くなって落とし穴が抜けられなくなるので気を付けましょう。

21:カービング

カービングとは彫刻のことで、木材だけでなく、野菜や果物、石鹸やキャンドルなどに細かなデザインを施す在宅ワークとして密かな人気を集めています。
在宅ワークで野菜や果物のカービングを販売して収入を得るのは難しいですが、石鹸やキャンドルであればフリマアプリやネットオークションなどを利用すれば第三者に売れるというわけです。

カービングの落とし穴は、材料費と時間をかけて作品を手掛けても売れなければ収入に繋がらないことです。人気のデザインを把握するために、他の出品者のカービングをチェックしたり、カービングの技術をアップさせたりなど絶えず努力しましょう。とは言え、趣味の一環としてカービングを始めるなら、そこまで収益性を意識する必要はないかもしれません。

《勉強や教えることが好きな方の在宅ワーク》
22:オンライン講師

スカイプなどの通話ツールを使用してオンラインで生徒に対して指導をするオンライン講師がよく陥るものとしては、レッスン時間のトラブルがあります。

生徒と講師は直接連絡を取る場合があるため、そうなるとどうしてもレッスンを行う日時は口約束になるのです。生徒の授業のために時間を空けて準備をしていても無駄になってしまうことがあります。オンライン講師を在宅でやる場合はできるだけ信頼できる生徒を探すように意識したり、そもそも生徒との間に仲介業者を挟んだりなどして工夫するといいでしょう。

23:テスト採点・添削「ノートと筆記用具」の写真


テスト採点・添削は単純作業なので、ミスが続くと時給が下げられたり、ノルマが低くなったりして稼ぎづらくなるため注意しましょう。

「ノルマが高くないということは楽な仕事」と考える人がいるかもしれません。

たしかに、ノルマが低いと作業時間が少なく済みますが、仕事量が少なくなるため思うように稼げないという悪循環に陥ります。在宅バイトでテスト採点・添削をするときは、できるだけミスを防ぐために複数回見直しをするといいでしょう。

24:問題集の構成・編集

塾や学校などで使用する問題集の構成・編集をしたりする在宅の仕事は、論理的な解説集を作成することが大切ですが、利用者がきちんと理解できるように分かりやすい文章を使用しなければいけません。
設問自体の間違いだけでなく、文法的なミスにも気を付けなければ報酬が減額されることがあるので注意しましょう。

25:翻訳家

英語などの外国語を訳す在宅の翻訳家は、常に新しい言葉を吸収する環境にいなければ語学のセンスが落ちて、仕事をうまくこなせない状態に陥るので気を付けましょう。
日本語でもそうですが、時代とともに使用される言語は変わっていきます。5年前は当たり前のように使われていた言葉でも、死語になっていることも珍しくありません。ただ翻訳するだけでなく、センスがある文章に仕上げることが大切です。

26:料理教室

自宅などで料理教室を開業する場合は、事前に利用者のルールを明確化しておくことがポイントです。
例えば、ネイルはOKにするのか、髪の毛はおろしたままでいいのか、残った食材はどうするかなど、できるだけ最初に細かくルールを決めることをおすすめします。後からルールを設定すると、他の利用者からの苦情に繋がったり、きちんと守られなかったりなどのトラブルに繋がりかねないからです。

また、料理教室を運営するためには通ってくれる生徒を集めなければいけません。見込みがあるなら心配いりませんが、利用者の予定がない場合はブログやSNSで広告する必要があります。適当な広告をすると後々、炎上することも考えられるので細心の注意を払って行動しなければ落とし穴にはまってしまうため注意しましょう。

27:自宅塾

自宅塾の落とし穴は、子どもの親との関係にあります。

塾に通うのは子どもですが、塾代を支払うのはその親です。そのため、いくら子どもが塾に通うのが楽しいと感じていても、学力が上がらなければ親が辞めさせることも多いのです。
その他、塾からの帰りが遅くなったり、子どもを叱りすぎたりなどすると親からクレームを受けることがあります。

自宅塾を運営するときは、子どもだけでなく、親ともしっかりコミュニケーションを取るように心がけることが大切です。

28:宿題代行

夏休みなどの長期休暇中に出される学校や塾の宿題を代わりに終わらせる宿題代行は、お客様の依頼内容を事前に細かに確認しておかなければ苦情に繋がります。計算ドリルや漢字ドリルはこうしたトラブルに発展しづらいですが、自由研究や工作などは注意が必要です。子どもの年齢に合わせてクオリティを変えたり、デザインを子どもらしいものにしたりなどの工夫が必要になります。

《サポートするのが好きな方の在宅ワーク》
29:在宅コールセンター「在宅勤務をする様子」の写真


在宅でコールセンターのオペレーター職ができる在宅コールセンターは、お客様の対応のミスが積み重なると契約が打ち切りになることがあります。

在宅コールセンターのオペレーターが請け負っている仕事は、オペレーター管理会社がクライアントから依頼されたものが多いです。自分以外の在宅オペレーターのミスが続いたとしても、お客様からクレームが入るなどのトラブルがあると契約自体がなくなることがあるのです。

管理会社によっては他の業務を紹介してもらえることがありますが、そのためには、日ごろから正確なオペレーションを心がける必要があります。在宅コールセンターの仕事をする前は、手厚い研修が用意されていることが多いので期間中にしっかり知識を吸収するようにしましょう。

30:在宅秘書

在宅秘書の雇用主は、フリーランスや個人事業主が多いです。
大きな企業に入社するときちんとした雇用関係を結んで仕事をしますが、在宅秘書は正式な契約を締結しないケースもあります。

雇用主との関係性や双方の関係性によっては、勤務時間が不規則になったり、給料が未払いになったりなどのトラブルが発生しやすいと言えます。フリーランスや個人事業主の在宅秘書として働く場合は特に、実際に仕事をする前に詳細な条件をきちんと確認しておくことが大切です。

31:チャットサポート


オンラインのチャットでお客様の質問や相談に対応するチャットサポートはマニュアルに沿った回答することが求められますが、マニュアル外の対応をするとお客様からのクレームに繋がることがあるので注意が必要です。
お客様の問い合わせ内容に合わせて柔軟な対応をするのは素晴らしいことですが、雇用主によっては定型文以外でチャットをしないようにルールで定められていることがあるのです。ルール違反をすると、最悪の場合、雇用主から仕事をもらえなくなることもあります。

在宅でチャットサポートをする場合は、事前にマニュアルを確認してお客様の対応方法をしっかり押さえておくことをおすすめします。

32:モーニングコール

お客様の依頼に合わせてモーニングコールをかける在宅バイトは、朝早くに起きている主婦を中心に人気があります。そのため、なかなか求人募集がないという特徴があるのです。

仕事をもらえた場合は、モーニングコールをかける時間のミスに注意が必要です。電話をかける時間を間違えてしまうと、お客様からのクレームに繋がる可能性があるので注意しましょう。

33:トラベルコンシェルジュ

トラベルコンシェルジュは、おすすめした観光スポットやお店などが潰れていたり、利用できなかったりするとお客様からのクレームに繋がるの注意が必要です。お客様の旅行日に観光スポットやお店などが利用できるか否かしっかり確認したうえで、おすすめすることが大切です。

お客様のニーズに合った旅行プランを提供するだけでなく、来訪先の営業時間や営業日など基本的な情報をきちんとチェックすれば落とし穴にはまることはないでしょう。

34:仲人

晩婚化や少子高齢化などを背景に、在宅で婚活を支援する仲人として働く人も増えています。雇用形態としては仲人を募集している会社に登録する形が一般的で、結婚相談所の会員に対して引き合わせやお見合いの日程調整などを請け負います。

在宅ワークの中で割と高収入が見込める仲人ですが、報酬の支払形式が完全出来高制になっていることが多いです。婚姻が成立しなければお金がもらえない場合もあるので、事前にチェックしておくことが重要です。

また、仲人として働く前に有料の研修を受けさせてお金を取り、その後、仕事を与えない詐欺にも注意してください。高い報酬に気を取られて冷静な判断ができないと思わぬ落とし穴に陥ります。

35:カウンセラー

カウンセラーはカウンセリングをしているうちに、自分まで気分が落ちてしまいやすいです。気分が落ちている人にカウンセリングをしてもらっても、お客様の気持ちは回復しないことが予想されます。カウンセラーの落とし穴にはまらないように、他の職種以上に仕事とプライベートの線引きをきちんとすることをおすすめします。

36:記帳代行

会社の通帳や領収書などを基に帳簿の記帳をする記帳代行は、勘定科目の選択ミスや金額などの入力ミスがあると依頼者からのクレームに繋がり、最悪の場合、契約を解除されることがあります。

記帳代行は会計や経理に関する知識がない初心者でも活躍できる在宅ワークのひとつですが、自分の入力にミスがないことをきちんと確認しなければ落とし穴に陥ります。もちろん、クライアントの指定日までに入力を完了させることは大切ですが、正確な入力が求められるのでエラーを極力抑えて丁寧に仕事をするのが得意な人に向いている仕事と言えるでしょう。

《コツコツ作業が好きな方の在宅ワーク》
37:商品モニター

商品モニターは、悪徳商法であるモニター商法に巻き込まれることがあります。

モニター商法とは、クライアントが「モニターになると特定商品が安くなったり、モニター料として収入が選られたりする」とモニターの勧誘をする商法のことです。
実際は、浄水器や電気温水器などの高額商品を売りつけられるという流れです。

おいしい話は必ず裏があることをしっかり理解しておきましょう。もし、モニター商法の被害に遭った場合は契約後20日間であればクーリングオフができます。

38:アンケートモニター

5分から10分ほどかけて簡単なアンケートに回答するモニターは誰でもすぐに始められる在宅ワークとして人気を集めていますが、報酬の支払いをチェックしておくことをおすすめします。

というのも、アンケートモニターサイトの多くは現金で報酬を支払われるのではなく、サイト内のポイントのことが多いです。1ポイント=1円で交換できるアンケートモニターサイトもありますが、中には交換レートが10ポイント=1円などになっていることもあります。想定していた金額よりも報酬が少ないことに後から気付くと、収支バランスやモチベーションに悪影響を及ぼしかねないので注意しましょう。

39:データ入力

データ入力は1文字に対して報酬が発生するのか、1ページに対して報酬が発生するのか基準単価をきちんと見ておかなければ落とし穴にはまりやすいです。

また、希望する報酬をデータ入力で得るためには、どれくらいの時間を費やす必要があるのかだいたいでいいので把握しておくこともポイントです。

データ入力は在宅ワークの初心者でも比較的すぐに仕事がもらえる職種ではありますが、設定報酬が低い傾向があるので在宅ワークでしっかり稼ぎたい人にはおすすめできません。ある程度まとまった時間があって、パソコンで文字を入力することが好きな人はデータ入力から始めるといいでしょう。

40:お小遣いサイト「スマホを使って副業関連の情報サイトを見る女性」の写真


お小遣いサイトは特定のURLにアクセスしたり、サービス利用の会員登録をしたりなどして収入を得られますが、報酬がポイント制のところが多いので交換レートをあらかじめ確認したうえで仕事をすることをおすすめします。

パソコンだけでなく、スマホで作業ができる場合も多いので、主婦やサラリーマン・OLの副業として人気ですが、報酬のシステムを理解しておかないと落とし穴にはまることがあります。

41:内職

厳密に言えば内職と在宅ワークは違いがある働き方ですが、内職の中には自宅だけで作業が完結しないケースもあります。例えば、作業に必要な備品を事務所まで車で取りに来るように要求されたり、制作物を指定場所まで持っていくように言われたりすることがあるのです。

車を持っていなかったり、完全在宅で作業したいと考えていたりする人には、こうした内職は避けた方がいいでしょう。働き方を事前に確認しなければ、想定外の事態に陥ることがあるので注意しましょう。

42:文字起こし・テープ起こし

文字起こしやテープ起こしは、初心者で仕事を始める人は安易に始めるべきではありません。

文字起こし・テープ起こしは音声データを聞いて文字データに返還する仕事のことですが、「パソコンの入力スピードに自信がある」という理由で在宅ワークをするのは危険です。
なぜなら、音声データから文字データにする作業は想像以上に時間がかかるからです。単純なデータ入力と比較すると報酬が少し高いですが、仕事に対する労力に見合ったお金は発生しないことがほとんどです。文字起こし・テープ起こしの在宅ワークは「主婦でも簡単に始められる」「初心者でも大丈夫」といった文言で求人募集が出ていることが多いですが、お金を稼ぐことが目的である人は大きな落とし穴にはまることになるので注意しましょう。

未経験者はまず、文字起こしやテープ起こしに関する検定に合格してから仕事を探すことをおすすめします。

43:エクセルやパワーポイントの作成

パソコンを使ってエクセルやパワーポイントなどのファイルを作成する在宅ワークも事務経験者などから人気を集めていますが、できるだけミスを防がなければ依頼が来なくなる落とし穴があります。

今や、エクセルやパワーポイントを使える人は非常に多いので大きなミスが続いた場合、クライアントは他の人に依頼をするのです。ファイル作成ができる人が多い分、ライバルがたくさんいるので、単純なミスを失くさなければ仕事を失いかねません。

誤入力やフォントの指定、用紙の設定など、クライアントにファイルを提出する前にしっかりと確認するようにしましょう。

44:校閲

印刷物の記載内容に誤りがないかを確認する校閲は、繁忙期と閑散期で仕事の受注数に違いがあることを知っておかなければ落とし穴に陥りやすいです。

校閲の仕事の種類は幅広いですが、特別な経験がない人は学校や塾のテストや問題集の校閲を任されることが多いです。こうした仕事の場合、夏休みや冬休みは受注を確保できても、その他の期間にまったく依頼がこないことが想定されます。

副業として在宅で校閲をするなら問題ありませんが、本業で稼ぎたい場合は校閲をする内容の繁忙期と閑散期を考えた上で仕事を選択することをおすすめします。

《面白いことが好きな方の在宅ワーク》
45:飲食店開業

飲食店を開業するときは、特に本業として収入を得ようと考えているなら経営上のリスクを経営者視点で考えなければ落とし穴に陥ります。

飲食店の開業を考えている人は、自分の店でどのような料理や飲み物を提供するか、インテリアをどうするかなどのコンセプトはしっかり考えていることが多いです。しかし、自分の思い描く飲食店を開業した場合にどれくらいの収益が得られるかまで考えが及んでいないケースが多く見受けられます。

本業にするのであれば、一度のビジネスモデルを見直してみましょう。1日何人お客様が来店すれば収支バランスは安定するのかなど、経営者視点で考えると見えてくるものがあるでしょう。

46:民泊

少し前に流行った民泊ですが、事業として収入を得るときは物件の管理会社や周囲の住民とトラブルに発展することがあるので注意が必要です。自分が民泊をしようとしている物件の営業許可をきちんと取らなければいけないので、管理会社には前もって確認しておくと落とし穴にはまらずに済みます。

物件の周囲の住民は、騒音やゴミなどの問題を気にしていることが多いです。民泊利用者のルールを徹底したり、住民にあらかじめ挨拶をするなどの工夫を考えることをおすすめします。

47:占い師


町中の一角を使ってさまざまな人の悩みや人生を占う仕事の占い師は、今や在宅ワークのひとつでもあります。電話占い師やチャット占い師など、占いで使用するツールはいろいろな種類があるのです。

しかし、占い師は料金に見合ったアドバイスをしなければお客様から理不尽にクレームを言われる可能性があります。占い師が相談を受ける内容は、人間関係や将来のことなど正解がないものが多いです。そのため、お客様が求めている答えを言葉にして伝えてあげられるかが大切なポイントになります。

占った内容をそのまま伝える方法もありますが、いろいろな兼ね合いを考えながら応対を変えられるかが固定客が付くか否かの違いに繋がるのです。

48:Youtuber

作成した動画をネット上に公開することで広告収入を得るYoutuberですが、誰でもいきなり広告を付けられるわけではありません。Youtube上で広告を付けるためには、Googleが設定する総視聴時間やチャンネル登録者数の条件を満たす必要があるのです。

すぐに月収何百万円を稼ぐYoutuberとして活躍できると考えている人もいますが、理想と現実は大きな違いがあることを覚えておきましょう。

49:Instagramer

おしゃれな写真や動画を誰でも簡単にアップできるInstagramで、広告収入やスポンサー契約料を得るのがInstagramerです。

Instagramerはネット上で大きな影響力を持つインフルエンサーである必要があります。一般のユーザーが商品やサービスを紹介しても投稿を見て実際に利用する人は少ないでしょうが、有名なInstagramerがPRするとたちまち人気になるのです。

したがって、Instagramerとして収入を得るための第一歩は、多くの人からフォローされることです。企業のスポンサーに目を付けられるような、センスのある投稿をしなければお金にはなりません。

Instagramを始めたからといって誰でも簡単に稼げるわけではないので、気を付けましょう。

50:スプナー

誰でも気軽にラジオ発信ができるSPOONというアプリを使って、お金を稼ぐのがスプナーです。アプリ内の「投げ銭」という機能を使って、配信者は視聴者から収入を得られるのです。

スプナーとして稼ぐためには、ある程度のファンが必要になります。また、ファンが出来たからと言って全員が投げ銭をくれるわけではありません。ファンが「投げ銭をあげたい」と思うようなラジオの内容にする必要があるのです。

特定のファンがつくようなラジオパーソナリティなれるかが、スプナーの落とし穴を回避できるかどうかのポイントになります。

51:作曲

在宅で作曲をする場合は、基本的に経歴や実績がなければなかなか収入に結びつきません。ひとつの長い音楽を作成する以外にも、ゲームや動画、ネットラジオなどで使用するサウンドを作曲する仕事もあります。

前職などで作曲をした経験がない人は、まずはそうした仕事からこなしくていくと落とし穴を抜けられるかもしれません。

52:ライブチャット

ライブチャットは悪質な会社と契約すると、必要以上にお客様とのコミュニケーションを求められたり、個人情報を流出されたりなどのトラブルが発生します。雇用してもらう会社をしっかり選別しなければ、思わぬ落とし穴にはまることがあるので注意しましょう。

自分の働き方に合った求人を出している会社が見つかったら、ネットを利用して実際に働いた人の口コミ情報を事前に確認することをおすすめします。

53:ネット声優

ネット声優とはその名の通り、インターネット上で動画やゲームなどの音声を提供する仕事です。最近は、特に動画サイトに注目が集まっているため、ネット声優の需要が高まりつつあります。

ネット声優は初心者でも働ける在宅ワークのひとつではありますが、経歴がなければ仕事がもらえないことが多いです。すぐに稼げると思ってネット声優を始めてもなかなか収入に繋がらない状況に陥る可能性があるので気を付けましょう。

《販売に興味がある方の在宅ワーク》
54:フリマアプリ

ハンドメイド品や不用品などを簡単に販売できるフリマアプリは、購入者とのやり取りで苦情を書かれることあり、内容によっては売上が落ちる場合があるので注意が必要です。

具体的には、スムーズに連絡を取れなかったり、掲載した商品と違うものを購入者に送付したりなどするとクレームを記載されます。記載内容をチェックした他の人は、販売者に対して良いイメージを持ちづらくなるため売上が低迷する危険があるのです。

お小遣い稼ぎとしてフリマアプリを利用するならそこまで心配する必要はありませんが、本業としてしっかり稼ぎたい人はできるだけ評判を落とさないように尽力しましょう。できるだけ早く連絡を返したり、購入者の要望を聞いたりなど顧客満足度をアップさせる行動をするといいでしょう。

55:せどり

せどりは、仕入管理や在庫管理や顧客対応に気を付けなければ収入が得られない落とし穴に陥ります。

仕入管理では、ネットで注文したブランド品が偽物だったり、配送途中で商品が破損してしまったりするリスクが考えられます。また、在庫として商品を置いている期間中に大きな値崩れすることもあり、お客様とスピード感のあるやり取りができなければ料金を払ってもらえなかったり、悪評がつけられたりする可能性があります。

せどりの仕事は慣れるまでにさまざまな落とし穴があるので、どのようなリスクがあるのか事前に押さえておくことがポイントです。

56:ドロップシッピング

ドロップシッピングとは、言わば在庫管理をする必要がないネットショップ運営のことです。
具体的に説明すると、ネットショップのページを見たお客様から注文が入った場合、ドロップシッピングを請け負う人がメーカーに内容を伝え、メーカーは注文者に直接商品を送付します。メーカーから仕入れた商品はドロップシッピングの請負者が好きなだけ利益を上乗せでき、その分が収入になるという仕組みです。

ドロップシッピングの落とし穴は、楽天やAmazonなど大手のネットショップに価格面で負けてしまう点です。

利益を優先するとお客様から注文が入りづらくなりますし、注文数を優先すると利益が少なくなります。その他、商品の送料を自由に決められないため、通常のネットショップと比較すると選ばれづらいという状況に陥りやすくなります。

在宅ワークの始め方は?

いざ在宅ワークを始めようと思っても、どうやって仕事を探せばいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

在宅ワークと一口に言っても仕事の種類は様々あるため、まずは興味を持った仕事内容を求人サイトや、在宅に特化したクラウドソーシングサイトで見つけることが必要になってきます。サイトによって、おすすめの求人や効率良く稼ぐ方法などを載せており、興味のある仕事内容が決まってしまえば、求人を見つけることはそう難しくないと言えます。複数のサイトを比較してからどのサイトで、どの仕事をするのか決めていくと良いでしょう。

在宅ワークをする人必見!仕事の始め方や稼げる仕事などをご紹介!

また在宅ワークを始める際、実際にどんな仕事がいくらぐらい稼げるのか、気になるところだと思います。在宅ワークの場合、1件ごと、またはワーカーのレベルや仕事内容によって報酬が異なるため「この仕事が絶対稼げる!」というものはありません。

しかし、システム開発やデザイン制作などの専門性の高い仕事は、報酬が高い傾向にあります。在宅ワーク初心者が始めやすいライティングなどであれば、求人サイトによってはライターランク(能力)を上げることで、報酬の高い仕事をすることができるようになります。

また、在宅で行えるコールセンターなどは頑張り次第で、どんどん稼げる仕組みになっているため、自分に合った働き方や稼ぎ方を見つけやすいです。初めての在宅ワークでも稼ぎやすい仕事をご紹介していますので、この機会にチェックしてみましょう。

>主婦におすすめな在宅ワーク求人サイト15選!初心者が稼ぎやすい仕事は?口コミも紹介

在宅勤務可能な社員・アルバイト求人を探す

在宅ワークの中には、企業に社員やアルバイトとして雇用され、自宅で在宅勤務する働き方もあります。この場合、1件ずつ案件を受けるのではなく、会社の仕事をそのまま自宅で行うため、安定した収入を得ることが可能です。新型コロナウイルスの影響で、在宅ワーク可能な求人も増えています。各求人サイトにも多数掲載されているので、希望職種から探してみましょう。

業務委託契約で仕事を受注する

在宅ワークの中で、もっとも多い形態が業務委託契約です。業務委託は1案件ごとに依頼を受けるケースと、数カ月~1年など期限を決めて契約し、お仕事をするケースがあります。もちろん、案件によって報酬のバラつきがあるため、収入にも変動が出てきますが、在宅ワークが初めての場合は1案件ごとのお仕事がおすすめです。1案件完結なので、自分に合う仕事を見つけやすく、得意分野・苦手分野の精査がしやすいためです。在宅ワークは納期が決められていることがほとんどなので、苦手分野の仕事を受けてしまった場合、想定よりも時間がかかってしまう場合や、クオリティが下がってしまうケースもあります。業務委託で在宅ワークを始めたい方は、まず自分の得意分野や興味のある仕事から探してみましょう。

事業主になる

これから在宅ワークを本業にする場合は、個人事業主になっておくのが良いでしょう。企業に雇用される在宅勤務以外は、すべてフリーランスとなるため、個人事業主の手続きをしておくのがおすすめです。個人事業主になると、税の申告など自分でやることは増えますが、在宅ワークが安定してくれば、自分のペースで働くことが可能になるため、会社員とは違うメリットもあります。中には個人事業主から会社を立ち上げる方もいるため、在宅ワークの可能性は無限大と言っても過言ではありません。

>在宅ワークに関する情報総まとめ!おすすめの仕事や始め方を解説

また、在宅ワーク初心者にとってはどんな仕事が稼げるのかが分からなくて困ってしまう方もいると思います。
次の記事では初心者でも稼げる在宅ワークを紹介していますので、是非参考にしてみてください。

>主婦におすすめな在宅ワーク求人サイト15選!初心者が稼ぎやすい仕事は?口コミも紹介

家でできる仕事で稼ぐには

在宅ワークの場合、基本的には1案件いくらという形で、報酬が変わってきます。仕事の内容によって収入は大きく変わるため、たくさん稼ぎたい場合はある程度スキルを身に付けておくことが必要です。

経験のある分野の案件であれば、高い報酬の案件を受けることもできるため、数をこなして稼ぐ方法ではなく、質や内容をより重視して稼ぐことが可能になります。

もちろん、在宅ワーク初心者で特別なスキルがないからと言って、全く稼げないわけではありません。コツコツ続けていき、仕事のスキルを磨きながら少しずつ稼いでいくことも可能です。
ある程度のスキルが身につくまでは、案件数をたくさんこなしていきましょう。

専門スキルを身につける

在宅ワークにおいて、スキルは非常に重要となってきます。中でも、専門的なスキルがあるかどうかは、収入にも大きく影響してくる重要なポイントになります。専門スキルの具体例は、デザイン制作やシステム開発・構築、コピーライティングなどが挙げられ、案件によって求められるスキルレベルは異なります。そのため、報酬の高い案件を受けるためには、スキルアップをすることが求められます。
もちろん、スキルがあることに越したことはないですが、少しずつ自分のペースで身につけていく方もいます。自分の中でどんな風に働くか、どのくらい稼ぎたいかがイメージできている場合は、その目標に向けて逆算して案件報酬などを計算してみましょう。

時間を効率的に使う

在宅ワークを始めたばかりの時は、思うように進まなかったり、時間がかかってしまうことがあります。自宅という環境上、時間制限がなくだらだらしてしまう場合もあるため、1日のスケジュールを決めて作業することで、時間を効率的に使うことができます。

ライティング案件の場合、調査に1時間、執筆に1時間、確認作業に1時間というように、あらかじめ自分で時間設定をすることで作業スピードを上げることができます。特に在宅ワークが初めての方は、この方法が有効です。まずは在宅ワークに慣れていくことも大切ですので、自分なりのルーティーンを作ってみましょう。

仕事場のインテリアはどうする?

在宅の多くは、自宅の一室を仕事場として作業をするため、インテリアに悩む人も多いでしょう。

外で働く場合は、自分の好きなものを置けなかったり、決まったものしか使えなかったり…と仕事場に制限があります。しかし、在宅ワークのインテリアは、自宅の部屋なので自由な空間づくりが可能です。自分が作業しやすいデスクとチェアを用意し、パソコンがいる在宅ワークなら気に入ったものを準備しましょう。植物を置いたり、好きな絵を飾ったりしても上司には怒られません!

仕事をしやすい環境を自分で整えられる点が在宅ワークの魅力のひとつと言えるでしょう。

また、作業中に飲むコーヒーを入れるマグカップや参考資料を保管する本棚などがあると便利です。その他、マウスやヘッドセットなどの周辺機器、ブルーライトカット眼鏡などがあると作業が捗りますよ。

まとめ

「チェック漏れを笑顔で確認してくる女性社員」の写真[モデル:土本寛子]

自宅でできる在宅ワークの落とし穴について多数紹介してきました。インターネットやスマホの普及によって在宅ワークの種類が急激に増えただけでなく、新型コロナウイルスの影響で在宅への需要が今後も高まってくると考えられます。感染リスクも低く、家事や子育て・介護などをしながらでも、自分らしい働き方ができる在宅ワークですが、職種によって得られるメリットとデメリットに違いがあります。

在宅ワークの思わぬ落とし穴にはまらないように、今回紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。


好きな時に、
好きなだけ働ける!

時間や場所に縛られない
在宅コールセンター
時間や場所に縛られない在宅コールセンター

自由なタイミングで好きな時間だけ仕事ができます。

在宅をしている女性(ニコニコ)
どんな働き方ができるか見る