ログイン
sample
公開日:2019-07-19 最終更新日:2021-11-25

高収入の在宅ワーク40選!稼げる在宅ワークを収入別・種類別に徹底解説!

副業が解禁されたことで、在宅ワークを始める人が急増しています。

せっかく在宅ワークを始めるなら、高収入で稼げる仕事を選びたいですよね。

今回は、高収入で安全に稼げる在宅ワークを収入別・種類別に紹介していきます。



【目次】

そもそも在宅ワークとは?

在宅ワークとは、会社に出勤せずに自宅などで仕事をすることです。通勤ラッシュに遭うことなく、自分の好きな場所にいながらお金を稼げるのでたくさんの人から人気を集めています。

かつては内職の仕事が多かった在宅ワークですが、最近ではインターネットを利用した仕事も増えてきていてます。

報酬が高い在宅バイトも多いため副業としてだけでなく、本業で稼ぐ人も急増している現状です。

求人サイトやクラウドソーシングなどで在宅ワークの募集が多数出ているので、インターネットで検索するとすぐに仕事が見つかるのが特徴です。

在宅ワークのメリット

人間関係に悩まされない

在宅ワークのメリットのひとつが、人間関係に悩まされない点です。基本的に1人で仕事をこなしていく職業なので、口うるさい上司や面倒な後輩と話す必要はありません。

唯一、仕事をもらうクライアントとは連絡を取る必要がありますが、基本的にはメールでやり取りをすることになります。

オンライン通話で話す場合もありますが、それほど数は多くなく、時間や回数も短いケースがほとんどです。

自分の好きな時間に働ける

自分で勤務時間を決められるので、好きな時間に好きなだけ働けます。

例えば、今日は少し体調が悪いから少し休んで、明日に今日の分をやろう、ということも在宅ワークならできます。今月はお金がたくさん欲しいから、いつもよりも多く働こう、ということも可能です。

自分のペースに合わせて仕事をできる点が在宅ワークの大きなメリットです。

場所を選ばず仕事ができる

仕事さえあれば、場所を選ばずにいつでも取り組めるのが在宅ワークの特徴です。

自宅でのんびりやるのはもちろん、カフェや公園で仕事をすることもできます。自分の好きな場所で好きなだけ仕事に打ち込めるので、会社で働くのとは違うやりがいを感じられます。

在宅ワークのデメリット

プライベートと仕事のけじめがつけづらい

在宅ワークは基本的に仕事に1人で取り組むことになるので、プライベートと仕事のけじめがつけづらくなる傾向があります。

仕事をさぼってしまう人もいますが、在宅ワーカーの多くは仕事に真剣になるがあまりプライベートの時間が少なくなりやすいです。

会社に勤務していれば仕事とプライベートの切り替えができますが、在宅ワークは線引きが難しくなるので自己管理が大切になります。

仕事がなければ収入がない

在宅ワークをする上で最大のデメリットとも言えるのが、仕事を見つけなれば収入がない点です。

会社に勤務していれば、たとえノルマなどをクリアできなくても上司には怒られますが、給料は支払われるので生活に困ることはほとんどありません。 しかし、在宅ワークは自分で収入源を見つけなければお金を手に入れる経路を失う危険があります。

仕事が途切れないように常に新しい仕事を探したり、クライアントに営業をかけたりするのが在宅ワークのポイントです。

安全に稼げる仕事を選択する必要がある

在宅ワーカーに提供される仕事の中には、安全性が十分とは言えないものもあります。

いくら働いても報酬がもらえなかったり、クライアントから最初に依頼されていた内容と違う仕事を渡されたりする場合は、悪質な仕事である可能性が高いので慎重に対応しましょう。

また、怪しいサイトに登録すると個人情報を抜かれたり、パソコンがウイルス感染したりするケースもあります。

慣れると危険な仕事と安全なものの判別ができるようになりますが、始めのうちは特に気をつけて仕事を選ぶことが大切です。

副業向けの稼げる在宅ワークランキングTOP20

1位:イラストレーター

仕事内容 Webサイト内に掲載するイラストの制作
 スマホのアプリのアイコンの制作
 ネット上のヘッダー画像の制作
年収 100~300万円ほど


イラストレーターとして働いた経験がある人は、在宅でアイコンやヘッダー画像などの制作に力を入れて取り組むと年収300万円ほどは狙える可能性があります。

1枚の絵を制作すると、カラーで5,000円ほどの報酬が見込めます。

スマホアプリの販売数が急増していることもあり、イラストレーターとしての仕事はクラウドソーシングサイトなどで多数募集されています。

2位:シナリオライター

仕事内容 ゲームなどのシナリオの執筆
 コンサートなどのナレーションの執筆
 Webデザインやグラフィックデザインなどを依頼されるケースもある
年収 250~300万円ほど


主にゲームなどのシナリオを執筆するシナリオライターは、文章を書くことに適した仕事です。

ゲームやコンサートに関わるものを執筆することが多いので、趣味がゲームだったり、コンサートによく行ったりする人はスムーズに仕事に取り掛かれます。

1文字1円~2円で執筆をする場合が多く、書いた分だけ自分の収入に繋がります。

3位:ブログ記事代行

仕事内容 すでに存在するブログの記事を代わりに執筆
年収 ~200万円ほど


未経験者でも気軽に始められる在宅ワークがブログ記事の代行です。

ブログ記事の内容やクライアントにもよりますが、文字単価1円未満のケースが多いです。文章を作成するスピードや仕事に取り組む時間が報酬に大きく影響します。

クラウドソーシングサイトなどで仕事の募集がされていることが多いです。

4位:在宅コールセンター

仕事内容 電話の問い合わせやクレームに対応
 電話による商品案内やアンケートリサーチ
年収 ~150万円ほど


契約する会社にもよりますが、お客様の電話に対応した時間にプラスして成功数に対しても報酬が支払われることがあります。

時給換算では1,000-2,000円くらいが相場ですが、成功率が高くなると高収入が見込める仕事です。

>さらに詳しく在宅コールセンターの在宅ワークについて知りたい方はこちら

5位:LINEスタンプ制作

仕事内容 SNSのLINE上で使用できるスタンプを一から制作
年収 ~100万円ほど


イラストソフトなどを利用してLINEで使えるスタンプを販売すると、販売額の50%が制作者の収入になります。

以前は稼げる在宅ワークのひとつでしたが完全に飽和状態にあるので、制作したスタンプをヒットさせるのが難しい状況になっています。

これまでに紹介した仕事とは違ってクライアントがいないため、自分のペースで制作できるメリットがあります。

6位:ハンドメイド品の販売

仕事内容 布やビーズなどを使ってハンドメイド品を制作
年収 ~100万円ほど


手先が器用な主婦に人気がある在宅ワークで、趣味で制作したハンドメイド品を販売する人が多いです。

自分でデザインから制作、販売まで手掛ける必要がありますが、近年はオークションサイトが充実しているので出品しやすい環境が整っています。

売上から材料費などの費用を差し引いた金額が収入になるので、コスト管理が大切になります。

7位:文字起こし・テープ起こし

仕事内容 音声データなどを文字に起こす作業
年収 ~100万円ほど


音声データから文字データに変換する文字起こし・テープ起こしの収入は、1時間のデータで3,000円~4,000円が相場です。

経験やスキルが報酬に繋がるので、未経験者は高収入を目指しづらいでしょう。

>さらに詳しくテープ起こしの在宅ワークについて知りたい方はこちら

8位:在宅秘書

仕事内容 秘書業務 (メール・電話対応、スケジュール確認、ミーティング、経費の計算など)
年収 ~100万円ほど


在宅秘書の業務は、会社に勤務する秘書とほとんど変わりません。

時給制を取るクライアントが多く、900円~1,200円ほどが主流になっています。勤務時間が長くなるほど収入に繋がる仕事です。

9位:オンライン講師

仕事内容 インターネットを利用した家庭教師業
年収 ~100万円ほど


チャットやスカイプなどを利用してテレビ電話で授業をするオンライン講師は、1コマの授業で1,200円~2,500円の収入が見込める在宅ワークです。

近年オンラインスクールが人気を集めているので、勉強などを教えるのが得意な人や英語などができる人にぴったりの仕事です。

10位:チャットサポート

仕事内容 インターネット上のチャットを使ってお客様をサポート
年収 ~80万円ほど


チャットサポートとは、お客様からのチャットの問い合わせに対して適切な回答をする仕事です。

パソコンの使用になれていれば未経験でも簡単に始められる在宅ワークで、求人サイトなどで多数募集されています。

11位:テスト採点・添削

仕事内容 テストの採点や作文の添削作業
年収 ~80万円ほど


テストや作文1枚に対して成果が得られる形式のところが多く、作業スピードが早い人で時給1,000円ほどになります。

手で作業するのではなく、パソコン上で採点をすることになるのでネット環境の準備が必要です。

マニュアルに沿って作業をする仕事なので未経験者でも安心です。

>さらに詳しく採点の在宅ワークについて知りたい方はこちら

12位:モーニングコール

仕事内容 決まった時間にお客様に電話して起こしてあげる
年収 ~50万円ほど


基本的に歩合制の仕事で、1件50円~150円がモーニングコールの相場です。

朝の5時~9時にかけて電話をすることが多いので、早朝に起きている主婦などに人気があります。

モーニングコールサービスを提供する会社に直接申し込むか、求人サイトから応募すると仕事ができます。

13位:問題集の構成・編集

仕事内容 受験対策用などの問題集の構成を考えたり、編集をしたりする
年収 ~50万円ほど


問題集の構成・編集は、教員としての経験があると重宝されますが、構成の場合は未経験者OKの場合も多く、安心して活躍できる仕事です。

全国各地の塾で仕事を募集していて、1ページの解説に対して数百円~数千円の報酬が得られます。

14位:ライブチャット

仕事内容 男性のお客様とチャットのやり取り
年収 ~50万円ほど


パソコンのカメラを使ってテレビ電話のような感覚で男性のお客様と話をする仕事で、時給は1,000円ほどです。

悪質な会社もあるので、契約する会社をきちんと選ぶことがライブチャットで稼ぐ上で大切になります。

15位:ネット声優

仕事内容 ゲームや動画などの音声を録音して提供
年収 ~30万円ほど


未経験者でもネット声優の仕事はできますが、基本的に声優を目指している人が在宅ワークにすることが多いです。

報酬はクライアントなどによってピンキリですが、稼げる人になるとある程度まとまった収入を得られるのがネット声優です。

16位:商品モニター

仕事内容 商品を使用して感想を書く
年収 ~30万円ほど


商品モニターの魅力は商品を無料・割引で使用できたり、まだ販売されていないサンプル品を手にできたりすることです。

数をこなさなければ大きな収入に繋がりづらいですが、商品を利用できるのでお得感が強い仕事です。

モニターサイトやクラウドソーシングなどで、いろいろな商品の感想を書く仕事が募集されています。

17位:アンケートモニター

仕事内容 パソコンやスマホで指定のアンケートに回答する
年収 ~30万円ほど


インターネットを使って特定のアンケートに回答するだけで収入が得られるアンケートモニターの報酬は、1アンケートにつき数円から数百円が相場です。

パソコンだけでなく、スマホで気軽にお小遣い稼ぎをしたい人にぴったりの仕事です。

18位:データ入力

仕事内容 領収書や名刺などをソフトに入力してデータ化する
年収 ~30万円ほど


データ入力でできるだけ高収入を得るためには、タイピングスキルが必須になります。

とにかく早くデータを処理できる自信がある人は、データ入力でも十分稼げます。

クラウドソーシングサイトなどでワーカーを募集していることが多く、ほとんどの在宅ワーク初心者が経験する仕事と言っても過言ではありません。

>さらに詳しくデータ入力の在宅ワークについて知りたい方はこちら

19位:お小遣いサイト

仕事内容 お小遣いサイトに登録して指定サイトにアクセスなど
年収 ~20万円ほど


お小遣いサイトに登録して、指定サイトにアクセスしたり、会員登録をしたりなどするとポイントが付与されるケースが多いです。

仕事内容によってもらえるポイントは異なりますが、1回の作業で数ポイントの報酬が得られます。

スマホでも簡単に作業ができるので、少ない時間で淡々と稼ぎたい人に適した在宅ワークです。

20位:内職

仕事内容 値札付けやシール貼り、袋詰めなど
年収 ~20万円ほど


家でできる仕事として多くの人に知られているのは、シール貼りや袋詰めなどの作業をこなす内職です。

未経験者でも気軽に始められるのが魅力ですが、業者によってはノルマが厳しいことがあるので自分のライフスタイル合ったところを探すのがポイントです。

>さらに詳しく内職の在宅ワークについて知りたい方はこちら

本業向けの稼げる在宅ワークランキングTOP10

1位:Webエンジニア

仕事内容 Webサイトなどのプログラミングやクライアントの業務分析、マーケティングなど
年収 ~500万円ほど


Webエンジニアは、インターネットのサイトの適切なプログラミングを考える仕事です。

高収入が狙えますがプログラムに関する知識が必須になるので、未経験者がWebエンジニアとして稼げるようになるには時間がかかります。

プログラミングの仕事をしたことがあり、しっかりスキルがある人はWebエンジニアで高収入を狙えます。

2位:Webデザイナー

仕事内容 Webサイトのデザインやコーディング
年収 ~500万円ほど


Webデザイナーはサイトのデザインだけでなく、プログラミング言語を用いたコーディングも任されるので、専門的な知識やスキルが必要です。

初心者からWebデザイナーを目指す場合は、Webデザイナー検定などの資格を取得して基礎知識をつけてから挑戦することをおすすめします。

企業のサイトやクラウドソーシングなどでWebデザイナーの募集がされています。

3位:システムエンジニア

仕事内容 システムの開発や設計、テスト
年収 ~500万円ほど


システムエンジニアは、クライアントが要望したシステムの開発や設計を担当し、機能するかどうかテストをする仕事です。

高収入な在宅ワークのひとつですが、ある程度の知識がなければなかなかお金に繋がらない特徴があります。

4位:システムプログラマー

仕事内容 システムのプログラミング
年収 ~500万円ほど


システムプログラマーはシステムエンジニアが制作した設計図をもとに細かくプログラミングをする仕事で、専門的なスキルや営業力が必要になります。

システムプログラマーとして十分な経験があるなら、在宅ワークでしっかり稼げるのでおすすめです。

5位:パタンナー

仕事内容 デザイン画をもとに型紙を作成
年収 ~500万円ほど


パタンナーは多くの人に知られていない仕事ですが、デザイナーのデザイン画をもとに型紙を作る仕事なので、人とのコミュニケーションが正確に取れる人にぴったりの仕事です。

1型につき2万円~3万円ほどの報酬が相場で、センスがあれば経験が浅くても安定して仕事を取れる可能性があるのが在宅ワークのパタンナーの魅力です。

6位:Webライター

仕事内容 Web上にアップする記事の執筆
年収 ~400万円ほど


1文字1~2円ほどの単価でクライアントが求める記事を執筆するのがWebライターです。

ライターの経験がなくても正しく日本語を使えれば安定して仕事を得られるので、在宅ワーク初心者にもおすすめです。

>さらに詳しくライターの在宅ワークについて知りたい方はこちら

7位:DTPデザイナー

仕事内容 デザインから入稿までの一連の流れを担当
年収 ~300万円ほど


雑誌やチラシなどの紙媒体のデザインから入稿までを担う必要があるので、センスや知識がポイントになります。

DTPデザイナーは実績が求められる仕事なので、未経験者がいきなり在宅ワークをするのは難しいと言えます。

DTP検定やアドビ認定エキスパートなどの資格取得を目指すのもひとつの方法です。

8位:翻訳家

仕事内容 外国語の文章などを翻訳
年収 ~300万円ほど


外国語の本や動画などを翻訳する職業で、翻訳会社に登録して仕事をもらう形態になります。

外国語を理解していることはもちろん、日本語の表現力やセンスも問われるため、稼げなければ収入が0円の場合も珍しくありません。

一方、実績がある人は年収5,000万円以上に達する場合もあるので夢がある仕事だと言えます。

9位:CADオペレーター

仕事内容 建築物のなどのデザイン画をもとにCADを使って図面を作製・修正
年収 ~300万円ほど


CADと呼ばれるシステムを使って、デザイン画をもとに正確な図面を作成したり、修正したりするのがCADオペレーターです。

専門性が高い仕事なのでそれなりに実績があり、営業力が十分にある人なら年収500万円ほど稼ぐのも現実的に可能です。

10位:トラベルコンシェルジュ

仕事内容 旅行のプランニングをする
年収 ~300万円ほど


お客様の希望をヒアリングした上で、最適な旅行のプランニングをして提供するのがトラベルコンシェルジュです。

仕事の経験がなくても、旅行や観光に詳しい人なら十分稼げます。

旅行会社やクラウドソーシングで募集があり、比較的自由な発想でお客様を満足させられる仕事です。

起業向けの稼げる在宅ワークランキングTOP9

1位:アフィリエイト

仕事内容 インターネット上で特定商品やサービスの広告をする
年収 ~1,000万円ほど


ブログなどで特定の商品やサービスの広告をするのがアフィリエイトですが、成功すると年収1,000万円ほど稼げます。サイトがヒットすればサーバー代だけで不労所得が入ってくるのがアフィリエイトの一番の魅力です。

仕事を始めるのに大きな費用が必要ないのがメリットですが、まとまった収入を得られるようになるまでには時間と労力が必要な点がデメリットとして挙げられます。

2位:セールスコピーライター

仕事内容 ものが売れる文章を執筆
年収 ~800万円ほど


求人サイトやクラウドソーシングなどで募集があるセールスコピーライターですが、未経験でも高収入が目指せる在宅ワークのひとつです。

セールスライティングの知識やリスティングやSEOのスキルがあるとより安定した収入を得られます。

資格を取得する方法もありますが、実績を積んでお金になる文章を書けるスキルを身に付ける方が時間的・金銭的に効率が良いです。

3位:動画投稿

仕事内容 動画サイトで制作した動画を公開
年収 ~800万円ほど


自分で企画から撮影、編集までをした動画をサイトに公開し、閲覧数に応じて収入が得られるのが動画投稿の仕事です。

スマホを使って編集をして投稿する人もいますが、人気がある投稿者の多くはパソコンを使って高度な編集をしています。

動画編集のスキルやセンスだけでなく、企画力やSNSなどでのアピール力も必要になります。

閲覧数に対してどれくらいの報酬が支払われるかは公表されていないので、収入の見込みが立てづらいため注意しましょう。

4位:投資家

仕事内容 債券や株式などに資金を投じる
年収 ~600万円ほど


銀行や証券会社などを介して債券や株式に投資をするのが投資家です。

初心者でも簡単に投資ができる仕組みができつつありますが、投資対象によっては元本割れのリスクもあるので、高収入を目指したい人は専門的な知識が必要になります。

実際に投資をして、身をもって投資に関する知識を学ぶ方法もあります。

5位:トレーダー

仕事内容 投資家とディーラーの橋渡し、FXなどへの投資
年収 ~600万円ほど


債券や株価の動向から目を離さずに、投資家とディーラーに各種情報を提供するのがディーラーの仕事です。自らFXなどへ投資をすることも多いです。

一般的に投資は長期的なスパンで取り引きをしますが、1日の間に売買関係を完結させるデイトレーダーも人気を集めています。

先に紹介した投資家と比較するとより高度で専門的な投資知識を持った人は、トレーダーとして一攫千金を目指せるでしょう。

6位:飲食店開業

仕事内容 料理や飲み物などの提供、接客、経営
年収 ~600万円ほど


調理師免許などを持っている人は、レストランやカフェなどの飲食店を開業することもできます。

料理提供だけでなく、愛想の良い接客や堅実な経営をする必要があります。

飲食店で働いた経験がある人や調理師などの学校に通っていた人は思い切って自分の店を持つ方法もあります。

7位:教室開催

仕事内容 勉強やスキルなどの講師業、経営
年収 ~500万円ほど


学習塾や英会話教室、習字教室などの教室を開催して、一定の生徒がくるようになるとしっかり稼げます。

人にものを教えるのが得意な人や専門的な趣味がある人などは講師業がおすすめです。

自宅で好きなときに教室を開催する人も多いですが、ある程度の収入を狙いたい人は生徒の都合に合わせた運営をする必要があります。

授業の時間と料金設定が報酬に影響する仕事です。

8位:せどり

仕事内容 ネットや中古品ショップなどで商品を仕入れて第三者に販売する
年収 ~400万円ほど


もともとは中古本を安く仕入れ販売して収入を得るのがせどりでしたが、最近ではネットサイトを使ったせどりが高収入が狙える在宅ワークとして人気を集めています。

コツを掴むのに時間がかかる人もいますが、ものが売れる値段と市場の需要を敏感に察知するのがポイントです。

まずは、家にある不要なものをネットで販売してサイトの仕組みや流れになれてから、本格的にせどりの収入を上げることに尽力するといいでしょう。

9位:民泊

仕事内容 物件を民泊として貸出して運営、管理をする
年収 ~300万円ほど


ゲストが喜ぶ物件を用意してすてきなインテリアで迎えるのが民泊の仕事です。

日本人だけでなく、外国人も宿泊する可能性があるので英語などの言葉が話せるとスムーズにコミュニケーションが取れます。

なお、民泊に関する法律などが見直されているので、最新の情報をしっかり把握することがポイントになります。

在宅ワークで高収入を得るための3つの方法

スキルを磨いて資格を取得する

在宅ワークを始めたばかりだと仕事自体に慣れておらず、なかなか収入に繋がらないケースが多いです。

特に未経験で在宅ワークを始めた人はスキルが不十分で、高単価の仕事を任せてもらえない可能性があります。

少し時間がかかりますが、自分なりにスキルを磨いて関連した資格を取ると収入アップに繋がります。

本や雑誌、インターネットなどで自分がやりたい在宅ワークに必要なスキルを調べてみましょう。

仕事を継続する

仕事を継続してしばらく様子を見ることが在宅ワークのポイントです。

最初はこなした仕事に対しての収入が少なく、愕然としてしまうことも多いですが、継続して在宅ワークを続けると少しずつ認められていきます。

クライアントに報酬アップの交渉をされることも多いので、諦めずに半年ほど続けることをおすすめします。

自己管理を徹底する

在宅ワークはすべて自己責任なので、いろいろな面で自己管理を徹底することが大切です。

在宅ワーカーにとって体は資本なので体調管理をするのはもちろんですが、自分が受け持つ仕事を管理しなければ収入に繋がりません。

どのクライアントからいくらの仕事をもらっているか見直して、現状を分析することが大切です。

報酬の目標を決めて、将来なりたい自分との差を把握した上で仕事を増やしたり、スキルをアップさせたり、クライアントを換えたりなどの行動を取るのが報酬アップのポイントです。

会社に勤務していればお金をもらえる体勢をいつまでも払拭できなければ、在宅ワークで高収入を得るのは難しいでしょう。

まとめ

自分の好きな仕事を好きな時間にできる在宅ワークは、多くの人から非常に注目されていますが気を付けるべき点もあります。特に、怪しい仕事は安易に受けないことが大切です。

注意点を守れば、会社で働くよりも高い収入を目指せるチャンスがあります。在宅ワークは副業としても十分な収入が得られますが、本業で働くこともできる仕事です。しっかり稼ぎたい人は時間をかけてスキルアップをし、稼げる仕事を選別することをおすすめします。

今回の内容を参考にして、高収入で稼げる安全な在宅ワークを始めてみませんか?

好きな時に、
好きなだけ働ける!

時間や場所に縛られない
在宅コールセンター
時間や場所に縛られない在宅コールセンター

自由なタイミングで好きな時間だけ仕事ができます。

在宅をしている女性(ニコニコ)
どんな働き方ができるか見る