ログイン
sample
公開日:2022-04-22 最終更新日:2022-06-17

【2022年版】子育てママの仕事ランキング!小さい子供がいても働ける仕事とは?

「育児と両立できる仕事を探している」
「子育てママに人気の仕事が知りたい」

子育て中のママさんにとって、育児と家事を両立できる仕事を探すことは重要な課題です。

とくに小さい子供がいる場合、子供の体調不良や急な発熱などから、シフトの変更を余儀なくされることもあるでしょう。

本記事では、厚生労働省の調査や経験者からのヒアリングをもとに、子育てママに人気の仕事をランキング形式で紹介していきます。

この記事を読むだけで、子育てに忙しいママたちがどのような仕事をしているのかがわかるため、ぜひ仕事選びの参考にしてみてください。



目次


【総合】子育てママに人気の仕事ランキング



業種

1位

コールセンター
2位

一般事務
3位

医療事務
4位

軽作業(倉庫や工場)
5位

飲食店スタッフ(ファミレスやカフェ)
6位
小売店スタッフ(コンビニやスーパー)
7位
データ入力
8位
WEBライター
9位
WEBデザイナー
10位
WEBエンジニア

1位:コールセンター

1位:コールセンター

子育てママに人気の仕事ランキング第1位は「コールセンター」です。

ユーザーの顧客対応から商品やサービスの営業活動など、主に電話を使ってユーザーの要望に応えていきます。

在宅コールセンター
平均月収
10万円〜20万円 前後 + インセンティブ(成果報酬)
向いている人
初心者でも安定して稼ぎたい人
稼ぎやすさ
★★★★☆
難易度
★★☆☆☆
危険度
★☆☆☆☆

コールセンターの平均月収は10〜20万円

コールセンターの平均月収は、10万円〜20万円前後が相場です。

営業やアポ取りの場合、基本給にプラスして成約に応じたインセンティブ(成果報酬)が入る仕事も多いため、努力次第では高収入を見込むことができます。

コールセンターのメリット

コールセンターのメリットは、未経験者でも挑戦しやすく給料も高いという点です。

近ごろではリモートワークのコールセンターが増えており、専門的なスキルも特に必要がないため、毎月しっかりとした収入を確保したい場合におすすめです。

コールセンターの仕事に就くためには?

コールセンターの仕事に就くためには、バイトアプリや特化型の求人サイトで探す方法が一般的です。

また、就業にあたって特別な資格やスキルなども必要ないことがほとんどであるため、未経験者でも挑戦しやすい職種の一つといえます。

在宅コールセンターの評判や口コミ

2位:一般事務

2位:一般事務

子育てママに人気の仕事ランキング第2位は「一般事務」です。

企業の給与計算や経費の仕訳など、一般的な事務作業を担当します。

一般事務
平均月収
10万円〜20万円 前後
向いている人
表計算ソフトの操作に自信がある人
稼ぎやすさ
★★★☆☆
難易度
★★★☆☆
危険度
★☆☆☆☆

一般事務の平均月収は10〜20万円

一般事務の平均月収は、10万円〜20万円前後が相場です。

無資格者でもできる事務作業ほど時給単価は低くなる傾向にありますが、接客業やサービス業よりも少ないストレスで、安定して稼ぐことができます。

一般事務のメリット

一般事務のメリットは、機械作業が多くコミュニケーションの機会が少ないという点です。

基本的には事務的な処理が多いため、一人で黙々と作業に集中したいという場合や、他人とのコミュニケーションが苦手という場合にもおすすめです。

医療事務の仕事に就くためには?

一般事務の仕事に就くためには、求人サイトやバイトアプリなどから探す方法が最適です。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)や計算に関連した資格を取得しておくと、採用に場面で有利に働くことがあります。

3位:医療事務

3位:医療事務

子育てママに人気の仕事ランキング第3位は「医療事務」です。

病院の受付業務やカルテの作成、診療報酬の請求など、医療現場での事務作業を担当します。

医療事務
平均月収
15万円〜25円 前後
向いている人
医療事務の資格を取得している人
稼ぎやすさ
★★★★☆
難易度
★★★★★
危険度
★★★☆☆

医療事務の平均月収は15〜25万円

医療事務の平均月収は、15万円〜25万円前後が相場です。

一部には無資格者でも就業可能な場合はありますが、基本的には医療事務関連の資格が必要となるため、平均よりも給与相場が高い傾向にあります。

医療事務の仕事のメリット

医療事務のメリットは、時期やタイミングに左右されずに安定して稼げるという点です。

とりわけ医療関係の仕事は、病院施設がなくならない限り存続し続ける仕事であるため、時代や場所に影響されることなく働き続けることができます。

医療事務の仕事に就くためには?

医療事務の仕事に就くためには、民間団体主催の専門資格を取得する方法が一般的です。

調剤薬局事務資格や診療報酬請求事務能力認定試験など、医療事務関連の資格はいくつかあるため、まずは専門資格の取得を目指しましょう。

4位:軽作業スタッフ(倉庫や工場)

4位:軽作業スタッフ(倉庫や工場)

子育てママに人気の仕事ランキング第4位は「軽作業スタッフ(倉庫や工場)」です。

倉庫や工場の荷物を配送ルートごとに仕分け、梱包やシール貼りなどを行います。

軽作業スタッフ(倉庫や工場)
平均月収
10万円〜15万円 前後
向いている人
単純で機会的な作業が好きな人
稼ぎやすさ
★★☆☆☆
難易度
★☆☆☆☆
危険度
★★☆☆☆

軽作業スタッフの平均月収は10〜15万円

軽作業スタッフの平均月収は、10万円〜15万円が相場です。

誰でもできるようなマニュアル業務が多いため、機会的な作業が得意な場合には向いていますが、そのぶん時給単価は低い傾向にあります。

軽作業スタッフのメリット

軽作業スタッフのメリットは、シフトの融通が利きやすいという点です。

機会的な単純作業が多いため、代えの人材が見つけやすく、急な予定変更や当日の欠勤などでも、融通が利きやすい現場が多い印象です。

軽作業スタッフの仕事に就くためには?

軽作業スタッフの仕事に就くためには、人材派遣サービスに登録する方法が一般的です。

専門的なスキルや資格なども必要ないため、面接での受け答えがしっかりとできていれば、基本的には翌日からでも勤務することが可能です。

5位:飲食店スタッフ(ファミレスやカフェ)

子育てママに人気の仕事ランキング第5位は「飲食店スタッフ(ファミレスやカフェ)」です。

飲食店の従業員として、調理や接客、会計業務などを行います。

飲食店スタッフ(ファミレスやカフェ)
平均月収
10万円〜20万円 前後
向いている人
接客やコミュニケーションが好きな人
稼ぎやすさ
★★★☆☆
難易度
★★☆☆☆
危険度
★★☆☆☆

飲食店スタッフの平均月収は10〜20万円

飲食店スタッフの平均月収は、10万円〜20万円が相場です。

パートのなかでは平均的な相場ではありますが、深夜など人手が不足しがちな時間帯では時給も上がるため、夜間から早朝にかけて働きたい場合におすすめです。

飲食店スタッフのメリット

飲食店スタッフのメリットは、土日や長期休暇などでも希望休が通りやすいという点です。

飲食店のアルバイトは学生が多いため、夏休みや冬休みなどの長期休暇は人員が増加する傾向にあります。まかないがあるというのも嬉しいポイントです。

飲食店スタッフの仕事に就くためには?

飲食店スタッフの仕事に就くためには、バイトアプリや求人サイトから探す方法が一般的です。

未経験者でも手を出しやすい仕事ですが、飲食店は人手不足になりやすい業態でもあるため、店側の要求するシフトは可能な限り叶える必要があります。

6位:小売店スタッフ(コンビニやスーパー)

6位:小売店スタッフ(コンビニやスーパー)

子育てママに人気の仕事ランキング第6位は「小売店スタッフ(コンビニやスーパー)」です。

店舗のレジ打ちや品出し、在庫管理などを行います。

軽作業スタッフ(倉庫や工場)
平均月収
10万円〜20万円 前後
向いている人
接客やコミュニケーションが好きな人
稼ぎやすさ
★★★☆☆
難易度
★★☆☆☆
危険度
★★☆☆☆

小売店スタッフの平均月収は10〜20万円

小売店スタッフの平均月収は、10万円〜20万円前後が相場です。

小売店スタッフのメリット

小売店スタッフのメリットは、飲食店と同様、土日や長期休暇などでも希望休が通りやすいという点です。

とりわけコンビニは、学生やフリーターのアルバイトが多いため、一般的には休みが取りにくい土日祝日などの場合でも基本給が通りやすい傾向にあります。

小売店スタッフの仕事に就くためには?

飲食店スタッフの仕事に就くためには、バイトアプリや求人サイトから探す方法が一般的です。

こちらも飲食店と同様、採用のハードルは低いものの、人手不足に陥りがちな業態であるため、週4日以上のコンスタントな勤務を行う必要があります。

7位:データ入力

7位:データ入力

子育てママに人気の仕事ランキング第7位は「データ入力」です。

企業や個人から送られてくるデータを、専用のソフトやツールに打ち込みます。

データ入力
平均月収
5万円〜10万円 前後
向いている人
単純で機会的な作業が好きな人
稼ぎやすさ
★☆☆☆☆
難易度
★★☆☆☆
危険度
★★☆☆☆

データ入力の平均月収は5〜10万円

データ入力の平均月収は、5万円〜10万円前後が相場です。

時給単価が低い案件がほとんどですが、在宅でできる案件も多いため、子育てのスキマ時間を利用したい場合などにおすすめです。

データ入力のメリット

データ入力のメリットは、在宅でできる仕事が多いという点です。

とくに女性からの人気が高く、空いたスキマ時間を活かせるため、自分のペースで作業に集中したいという場合や、単純作業が得意な場合などにもおすすめです。

データ入力の仕事に就くためには?

データ入力の仕事に就くためには、クラウドソーシングサービスから個人で案件を受注する方法が一般的です。

エクセルなどの表計算ソフトを使用する場合、スマホでは効率が悪くなってしまうため、しっかりと稼ぎたいときにはパソコンを使用するのがおすすめです。

8位:WEBライター

8位:WEBライター

子育てママに人気の仕事ランキング第8位は「WEBライター」です。

企業の所有するWEBメディアやホームページに記事を納品し、ときには取材記事の代筆なども行います。

WEBライター
平均月収
10万円〜15万円 前後
向いている人
文章を書くのが得意な人
稼ぎやすさ
★★☆☆☆
難易度
★★★☆☆
危険度
★★☆☆☆

WEBライターの平均月収は10〜15万円

WEBライターの平均月収は、10万円〜15万円が相場です。

文章を書くとはいっても、簡単なものから難しいものまで、さまざまばレベルの案件があるため、最初は自分のできる仕事から始めましょう。

WEBライターのメリット

WEBライターのメリットは、専門職のなかでは未経験者でも手を出しやすいという点です。

専門的な資格が必要ないことに加えて、募集している案件数が多いため、未経験者や初心者でも気軽に始めることができます。

WEBライターの仕事に就くためには?

WEBライターの仕事に就くためには、クラウドソーシングサービスから案件を受ける方法が一般的です。

誰でもできそうな案件は単価が安いことがほとんどですが、実績や経験を積んでいけば報酬の交渉もできるようになるため、スキルアップにもつながります。

9位:WEBデザイナー

9位:WEBデザイナー

子育てママに人気の仕事ランキング第9位は「WEBデザイナー」です。

WEBサイト全体のデザインやUIUX(サイトの使いやすさ)の設計を担当します。

WEBデザイナー
平均月収
15万円〜20万円 前後
向いている人
デザインに関する知識がある人
稼ぎやすさ
★★★★☆
難易度
★★★★☆
危険度
★★☆☆☆

WEBデザイナーの平均月収は15〜20万円

WEBデザインの平均月収は、15万円〜20万円前後が相場です。

専門職であるため、時給単価は他の仕事よりも高い傾向にありますが、なかには初心者を狙って格安で案件を依頼してくる業者もあるため、注意が必要です。

WEBデザイナーのメリット

WEBデザインのメリットは、復帰や復職がしやすいという点です。

デザイナーは専門職であるため、スキルさえ身につけておけば、似たような業界での復帰がしやすく、生涯を通して続けていける仕事であるといえます。

WEBデザイナーの仕事に就くためには?

WEBデザイナーの仕事に就くためには、オンラインスクールなどでスキルを磨いていく方法が一般的です。

ハローワークや地方自治体が主催している職業訓練学校などでは、デザイナーのスキルを無料で学ぶこともできるため、まずはスキルを身につけていきましょう。

10位:インフルエンサー

10位:インフルエンサー

子育てママに人気の仕事ランキング第10位は「インフルエンサー」です。

ブログや動画投稿サイト、SNSなどを用いて、自分の得意なことや好きなことをコンテンツとして発信します。

軽作業スタッフ(倉庫や工場)
平均月収
1万円〜20万円 前後
向いている人
好きなことで稼ぎたい人
稼ぎやすさ
★☆☆☆☆
難易度
★★★★★
危険度
★★★★☆

インフルエンサーの平均月収は1〜20万円

インフルエンサーの平均月収は、1万円〜20万円前後です。

企業からお金を貰って働く一般的な労働形態ではないため、報酬の幅が大きく、コンテンツの発信力がなければまともに稼ぐことは難しいでしょう。

WEBエンジニアの仕事のメリット

インフルエンサーのメリットは、自分の好きなことや得意なことを仕事にできるという点です。

主婦の場合であれば、家計の節約術や料理の献立レシピ、自宅の収納や子育てに関するコンテンツなど、さまざまなジャンルを仕事にすることができます。

インフルエンサーになるためには?

インフルエンサーになるためには、これといった正解の方法はないといえます。

文章が得意であればブログを、動画が得意であればYouTubeやTikTokを、写真であればInstagramなど、収益化が可能なSNSで発信をし続けることが大切です。

【パート】子育てママに人気の仕事ランキング


業種
割合
1位
サービス業
32.8%
2位
事務職
15.2%
3位
販売業
12.7%
4位
生産業
10.8%
5位
運送・清掃・包装
7.0%


【パート】子育てママに人気の仕事ランキングは、平成28年度の「全国ひとり親世帯等調査結果報告」で算出されたデータのもと、実際に働いた方にヒアリングして算出しています。

子育てママに人気の仕事ランキング(パート)では、上位3位にサービス業、事務職、販売業がランクインしており、初心者でも取り組みやすい仕事に人気が集中しています。

【正社員】子育てママに人気の仕事ランキング


業種
割合
1位
事務職
31.7%
2位
専門職
30.5%
3位
サービス業
14.6%
4位
生産業
6.3%
5位
管理職
3.9%


【正社員】子育てママに人気の仕事ランキングは、平成28年度の「全国ひとり親世帯等調査結果報告」で算出されたデータのもと、実際に働いた方にヒアリングして算出しています。

子育てママに人気の仕事ランキング(正社員)では、上位3位に事務職、専門職、サービス業がランクインしており、スキルや経験を活かした専門的な仕事が増加しています。

子育てママはどんなことで苦労している?

子育てママはどんなことで苦労している?

時間の管理が難しい

子育てママが最も難しいと感じているのは「時間の管理」です。

毎朝毎夕の食事の支度や保育園への送り迎え、掃除洗濯に日用品の買い出しなど、さまざまなことを同時にこなしていかなければなりません。

子供の体調不良が困る

子育てママが困ることの2つ目としては「子供の体調不良」が挙げられます。

仕事の最中であっても、子供の発熱や体調不良があれば、仕事を切り上げ、保育園まで迎えに行き、付きっきりで看病しなければなりません。

子供の長期休暇が困る

子育てママが困ることの3つ目としては「子供の長期休暇」が挙げられます。

夏休みや冬休みなどの子供が長期休暇のタイミングでは、朝食の用意に加えて、お弁当や昼食の用意を済ませてから会社に行かなければなりません。

PTAや学校行事への参加

子育てママが困ることの4つ目としては「PTAや学校行事への参加」が挙げられます。

授業参観や保護者面談、PTAの会議などは平日に行われることが多く、他の保護者との関係が悪化しないためにも、適度に参加しなければなりません。

コロナ禍での休校やオンライン授業

子育てママが困ることの5つ目としては「コロナ禍での休校やオンライン授業」が挙げられます。

定期的に訪れる長期休暇とは異なり、コロナ禍での休校やオンライン授業などは突発的に発生することも多く、事前に準備しておくことが難しいようです。

子育てママに向いている仕事の特徴

子育てママに向いている仕事の特徴

家事や育児と両立しやすい

子育てママに人気のある仕事の1つ目の特徴としては「家事や育児と両立しやすい」というのものが挙げられます。

働き方改革が進む昨今においては、フレックスやリモートワークなど、場所や時間に縛られない仕事に就きたいというニーズが増えています。

女性の場合、出産や育児などからフルタイムで出勤することが難しくなってしまうため、柔軟な働き方ができる仕事や職種に人気が集まりやすい傾向にあります。

同じ世代の主婦やママが多い

子育てママに人気のある仕事の2つ目の特徴としては「同じ世代の主婦やママが多い」というものが挙げられます。

同年代のママが多いということは、それだけ女性の従業員が働きやすい仕事であるといえるため、育児や子育てに一定の理解がある可能性が高いです。

求人ページから条件を確認しておくことはもちろん、面接のときには女性のスタッフで子育てをしている従業員の比率や離職率なども聞いておくと良いでしょう。

労働条件や環境が整っている

子育てママに人気のある仕事の3つ目の特徴としては「労働条件や環境が整っている」というものが挙げられます。

子育てママに限った話ではありませんが、労働環境や条件が整っているということは、それだけでホワイトな会社であり、応募の倍率も高くなります。

勤務時間や安定した収入などはもちろんのこと、産休や育休への理解、生理休暇やリフレッシュ休暇など、ママにフォーカスした福利厚生にも注目しましょう。

立地が良く自宅との距離が近い

子育てママに人気のある仕事の4つ目の特徴としては「立地が良く自宅との距離が近い」というものが挙げられます。

育児と仕事を両立する場合、子供の送迎や夕飯の買い出しなど、物理的な移動が頻繁に発生するため、可能な限り自宅と職場との距離は短くしておくべきです。

また、IT系やクリエイティブ系の仕事であれば、リモートワークが可能な仕事も数多くあるため、できるだけ在宅勤務ができる仕事を選んでおくのがベストです。

シフトや勤務形態の融通が効く

子育てママに人気のある仕事の5つ目の特徴としては「シフトや勤務形態の融通が効く」というものが挙げられます。

とくに子育て中のママの場合、子供の体調不良や幼稚園の送迎などから、当日の欠勤や早上がりなど、シフトが不規則になってしまう事態が予想されます。

面接のときには、事前に子育て中であることを伝え、会社からの理解を得ておくことで、急なシフト変更などにも柔軟に対応してくれる職場を見つけましょう。

未経験者でも取り組みやすい

子育てママに人気のある仕事の6つ目の特徴としては「未経験者でも取り組みやすい」というものが挙げられます。

毎月の生活費を賄うためには、今からコツコツと勉強を始め、経験やスキルを身に付けている時間はありません。すぐに始められる仕事を選ぶべきです。

単純作業の仕事やマニュアルが完備されている仕事などは、仕事復帰を考えるママからの人気も高いため、新年度の始まりには倍率が高くなる傾向にあります。

月収や給料が相場よりも高い

子育てママに人気のある仕事の7つ目の特徴としては「月収や給料が相場よりも高い」というものが挙げられます。

子育てには決して安くはない費用が発生するものです。ましてや家事や育児で忙しい主婦にとっては、少ない時間で効率よく給料を稼がなければなりません。

時給単価の安い仕事よりも、できれば基本給にプラスして成果報酬型のインセンティブがある仕事を選ぶことで、努力次第では正社員以上に稼げる可能性があります。

心身のストレスが少ない

子育てママに人気のある仕事の8つ目の特徴としては「心身のストレスが少ない」というものが挙げられます。

とりわけ、力仕事の多い運送業や建築業など、肉体的な労働を必要とする仕事は、体力に自信のない女性にとっては長く続けることは難しいといえます。

体力や腕力に自信がある時期には問題ありませんが、加齢による体力の衰えは男女を問わず直面する問題でもあるため、子育て中の仕事にはおすすめできません。

離職率が高くない

子育てママに人気のある仕事の9つ目の特徴としては「離職率が高くない」というものが挙げられます。

社員の平均勤続年数や離職率などは、有価証券報告書や会社四季報などから簡単に確認することができるため、会社を選ぶときには必ず目を通しておきましょう。

ただし、離職率が高いからといって必ずしも危ない仕事であるとは限りません。人材の流動が激しい場合、企業や独立での退職という可能性も十分に考えられます。

男女差に偏りがない

子育てママに人気のある仕事の10こ目の特徴としては「男女差に偏りがない」というものが挙げられます。

身体を酷使しないということに加えて、男性と比較して女性の割合が明らかに少ない業界では、女性が定着しにくい何らかの原因があると考えて良いでしょう。

勤務時間が極端に長かったり、深夜や早朝などの不規則な時間帯での勤務が多かったりなど、仕事の特性や労働環境を考慮したうえで、職場を探すことが重要です。

子育てママが取得するべき資格

子育てママが取得するべき資格

医療系の資格

医療系の仕事に必要(有利)な資格
理学療法士
作業療法士
歯科衛生士
調剤薬局事務
診療報酬請求事務能力認定試験


医療系の資格が必要な仕事としては、理学療法士や作業療法士などの仕事が挙げられます。就業するためには専門資格の取得が必須とされているのが一般的です。

医療関連の仕事には、国家資格とも呼ばれている難関資格の取得が条件となっていることが多いため、未経験の場合であれば相応の学習時間が必要になります。

しかし、調剤薬局事務や診療報酬請求事務能力認定試験などの医療事務の資格は、他の資格と比較して取得のハードルが低い傾向にあるため、未経験者からの人気を集めています。

士業系の資格

士業系の仕事に必要(有利)な資格
弁護士
税理士
司法書士
行政書士
社会保険労務士


士業系の資格が必要な仕事としては、公認会計士や中小企業診断士などの仕事が挙げられます。医療関係の仕事と同様、資格が必須とされているのが一般的です。

資格を持っていなければ就業できないというデメリットがある反面、定年退職がないため、体力に問題がなければ生涯現役で仕事を続けることもできるでしょう。

また、不況などの経済変動にも影響を受けにくく高収入を期待することができるうえ、経験さえ積むことができれば、独立やフリーランスでの開業なども視野に入れることができます。

事務系の資格

事務系の仕事に必要(有利)な資格
MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
給与計算実務能力検定
日商簿記検定
秘書技能検定
ビジネス文書検定


民間企業の事務や経理などの一般的な事務職では、専門資格の取得が必須とされているケースはそこまで多くはありません。

ただし、給与計算実務能力検定やMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)などの資格を取得しておくことによって、就職や転職で有利に働く場面があります。

資格の取得や合格などは、自己学習のゴールとしてモチベーション管理に役立つだけではなく、やる気や就業意欲のアピールにもつながるため、積極的にチャレンジしていきましょう。

クリエイティブ系の資格

クリエイティブ系の仕事に必要(有利)な資格
ITパスポート
基本情報技術者試験(FE)
応用情報技術者試験(AP)
情報セキュリティマネジメント試験(SG)
プロジェクトマネージャー試験(PM)


WEBエンジニアやWEBデザイナーなどのクリエイティブ系の仕事にも、資格の取得が必須とされている仕事はほとんどありません。

また、IT業界は人手不足が顕著な業界でもあるため、未経験であっても基礎的なスキルとビジネスマナーさえ整っていれば、採用の間口は広いといえるでしょう。

しかし、資格さえ取得することができれば誰でもなれるという仕事でもないため、独学での学習と計画的な学習時間の確保が必要になることなどは、あらかじめ理解しておきましょう。

まとめ

まとめ:20代〜30代では専門職が、40代〜50代では事務職が人気

今回は、厚生労働省の調査や経験者からのヒアリングをもとに、子育てママに人気の仕事をランキング形式で紹介していきました。

調査の結果、子育てママからの人気が高い仕事の上位5位は、以下のような結果となりました。

  1. コールセンター
  2. 一般事務
  3. 医療事務
  4. 軽作業スタッフ
  5. 飲食店スタッフ

また、子育てママに向いている仕事には、以下のような特徴があることもわかりました。

  • 家事や育児と両立しやすい
  • 同じ世代の主婦やママが多い
  • 労働条件や環境が整っている
  • 立地が良く自宅との距離が近い
  • シフトや勤務形態の融通が利く
  • 未経験者でも取り組みやすい
  • 月収や給与が相場よりも高い
  • 心身のストレスが少ない
  • 離職率が高くない
  • 男女差に偏りがない

子育てと仕事を両立することは並大抵のことではありませんが、今回の記事を参考にしながら、ぜひ自分のペースで無理なく続けられる仕事を探してみてください。


好きな時に、
好きなだけ働ける!

時間や場所に縛られない
在宅コールセンター
時間や場所に縛られない在宅コールセンター

自由なタイミングで好きな時間だけ仕事ができます。

在宅をしている女性(ニコニコ)
どんな働き方ができるか見る