ログイン
sample
公開日:2022-08-08 最終更新日:2022-09-14

フルコミッション営業はきついって本当?メリットデメリットや歩合制との違いを解説!

「フルコミッション営業の働き方は本当にきつい?」
「フルコミッション営業について詳しく知りたい」

近年働き方が多様化している中で、成果次第で圧倒的な成果を残せる「フルコミッション制(完全歩合制)」の営業代行が注目されています。

そこでこの記事では、フルコミッション営業の仕事の種類やきついと言われている理由を踏まえ、メリットとデメリットを解説しています。

フルコミッション営業の案件を効率的に探すことができる求人サイトも紹介しているため、得意な分野の案件探しに役立ててください。

▶︎ 関連記事:営業インセンティブとは?稼ぎやすい業界は?仕組みや報酬相場を徹底解説!

目次


フルコミッション営業とは?
フルコミッション営業とは?

フルコミッションとは?

フルコミッションとは、実績や売上高に応じて賃金が支払われる形態です。日本語では、完全歩合制(完全出来高制)という意味になります。

フルコミッションは、基本的に固定給がありません。そのため仕事の成果のみが重要視され、それに見合った報酬を得られる仕組みです。

フルコミッション制と歩合制の違い

フルコミッション制と歩合制の違いは、契約形態です。歩合制は、企業と雇用関係を結んでいるので、固定給が保障されています。

一方でフルコミッション制は、企業から業務委託として仕事を依頼される契約になるため、固定給や保険がない点が大きな違いです。

制度
フルコミッション制
歩合制
契約形態
・企業と業務委託契約を結ぶ
・個人事業主
→正社員やアルバイトの扱いにならない
・企業と雇用契約を結ぶ
・会社に所属
→正社員やアルバイトとして働く
報酬
・固定給なし
・完全歩合制(完全出来高制)で支給される
・固定給あり
・「固定給+歩合給」で支給される

フルコミッション制は営業代行に多い

フルコミッション制は、成果が分かりやすく、報酬も定めやすいことから、営業代行の仕事で採用されていることが多いです。

フルコミッション制の営業代行は、固定報酬型の営業代行で営業力を培い、経験とスキルに自信のある人におすすめといえます。

フルコミッション営業の仕事種類

フルコミッション営業には、以下のような仕事があります。様々な営業の種類があるため、自分に合う仕事を選ぶことがポイントです。

  • テレアポ代行
  • 電話営業でのクロージング
  • アポイントメント獲得
  • 飛び込み営業
  • 既存顧客へのクロスセル営業
  • お客様のフォローアップ営業
  • 営業コンサルティング

また企業によって仕事範囲が違う点に注意が必要です。顧客リストが用意されている場合もあれば、リスト作成から行う場合もあります。

求人に応募してから「こんなはずではなかった」ということがないよう、あらかじめ仕事の範囲を確認しておきましょう。

フルコミッション営業の契約形態

フルコミッション営業の契約形態は、業務委託契約です。企業と雇用契約を結ばず、自身が個人事業主となって契約を結ぶ形になります。

業務委託契約は、自分の実績によって給与額が大きく変動するため、自分の頑張り次第で、多額の給与を得られることが魅力です。

フルコミッション営業で採用されている業務委託契約は、個人事業主として結果がそのまま返ってくる、やりがいのある形態といえます。

フルコミッション営業はきついって本当?
フルコミッション営業はきついって本当?

フルコミッション営業の給与形態

フルコミッション営業がきついと言われている理由に、「固定給0円+出来高報酬」という、フルコミッションの給与形態が挙げられます。

成果を出さなければ報酬はゼロになるため、安定して収入を得られないことから、フルコミッション営業はきついと言われています。

フルコミッション営業の平均年収

フルコミッション営業の年収は、600~1,200万円だと言われています。フルコミッション営業は、成約1件あたりの報酬額が高いためです。

報酬額は、受注1件あたり売上の30~50%です。1件成約するだけで何百万円を稼ぐことができるため、高額な年収にも繋がります。

フルコミッション制は違法?

フルコミッション制(完全歩合制)という雇用形態自体は、法律で禁止されている訳ではありません。個人事業主として業務委託契約を結ぶ場合は、最低賃金の保障はないため、固定給0円でも問題ないということです。

ただし正社員・アルバイトに対して、給与を完全歩合制にすることは、労働基準法の違反行為になります。雇用関係を結んでいる場合は、最低賃金が保障されているため、固定給を必ず設ける必要があります。

フルコミッション営業のメリット
フルコミッション営業のメリット

ノルマ設定がない場合が多い

フルコミッション営業のメリットとして、企業側が固定給を支払う必要がないため、ノルマがない場合が多いことが挙げられます。

歩合制の場合は、固定給が保障されている分、営業マンが利益を出さなければ企業側はマイナスになってしまうため、ノルマを設けます。

一方フルコミッションの場合は、営業マンの売上がなければ企業側も報酬を支払うことがないため、ノルマを設けないことが多いのです。

会社員よりも高い年収を稼ぐことができる

フルコミッション営業のメリットとして、報酬額が高いため、会社員よりも高い年収を稼ぐことができる点が挙げられます。

日本の多くの企業は、年功序列の給与形態を採用していますが、フルコミッション営業は、成果がそのまま報酬に反映する給与形態です。

自分の頑張り次第で高収入を狙えるため、得意な分野や経験、スキルがある人は、フルコミッション営業マンとして活躍できるといえます。

自分の得意なジャンルで働くことができる

フルコミッション営業のメリットとして、会社の縛りがないため、自分の得意なジャンルで働くことができる点が挙げられます。

企業に属している場合は、営業先や商材ジャンルが決まっていることが多いですが、フルコミッション営業は決められていません。

個人事業主として、顔見知りの企業に訪問でき、得意な商材ジャンルを選択できるため、成果を出しやすくなるといえます。

フルコミッション営業のデメリット
フルコミッション営業のデメリット

ハイリスク・ハイリターン

フルコミッション営業のデメリットとして、成功と失敗の差が非常に大きいことから、ハイリスク・ハイリターンな点が挙げられます。

成果を出すことができれば多額の報酬をもらうことができますが、成果を出さなければ報酬はゼロになり、収入を得られません。

企業に属していた場合と違って、毎月安定した収入を得ることが難しい点が、フルコミッション営業の厳しいところだといえます。

確実に稼げるわけではない

フルコミッション営業のデメリットとして、成果を出さなければ無収入になることから、確実に稼げるわけではない点が挙げられます。

多くの時間を費やして働いても、成果を出さなければ報酬はもらえないことから、生活が苦しくなって辞める人も少なくありません。

成果を出すために、自分の得意なジャンルかつ、期待値の高い案件かどうかを、見極めることがフルコミッション営業において大切です。

仕事を自己管理する必要がある

フルコミッション営業のデメリットとして、全て自分で行わなければならないことから、仕事を自己管理する必要がある点が挙げられます。

会社員に属している場合は、スタッフが事務作業や電話対応などを対応してくれますが、フルコミッションの場合は、全て自分で行います

事務作業の時間を把握せずに営業のスケジュールを立ててしまうと、仕事漬けになるリスクがあるため、自己管理能力が求められます。

保険は自分で加入する必要がある

フルコミッション営業のデメリットとして、個人事業主として働くため、保険に自分で加入する必要がある点が挙げられます。

会社員の場合は、企業が全て手続きを行ってくれますが、個人事業主の場合は、個人で社会保険の加入手続きをする必要があります。

また自ら国民健康保険料や国民年金を納め、確定申告も行う必要があります。そのため、あらかじめ調べておくことがおすすめです。

経費が自己負担になる可能性がある

フルコミッション営業のデメリットとして、交通費や交際費、通信費などの経費が自己負担になる可能性があることが挙げられます。

負担してくれる場合もありますが、その場合は報酬の割合が下がることがあるため、あらかじめ契約内容を確認しておくことが大切です。

成果を出さなければ、諸経費の支出だけが増えていくため、諸経費を抑える意識を持ちながら、営業活動をする必要があるといえます。

プライベートを持てない可能性がある

フルコミッション営業のデメリットとして、時間の区別がしにくいため、プライベートを持てない可能性がある点が挙げられます。

フルコミッション営業は、営業活動や事務作業など、業務内容が多いため、空いているプライベートの時間で仕事をすることも出てきます。

その状態が続くと、いつの間にかプライベートの時間がないこともあり得るため、プライベートと仕事の時間を区別する工夫が必要です。

フルコミッション営業に向いている人

フルコミッション営業に向いている人は、以下のような人が挙げられます。

  • 大変な仕事内容でもとにかく稼ぎたい人
  • 組織や時間に縛られずに自由に働きたい人
  • 自分で営業戦略を考えて、自発的に行動できる人
  • 浮き沈みに左右されず、精神的に強い人
  • 負けん気の強い人
  • 過去に営業経験と実績、スキルがある人
  • 成果を上げることにモチベーションが上がる人
  • チャレンジ精神が旺盛な人

このような人であれば、フルコミッション営業特有のハイリスク・ハイリターンな状況に対応できるため、成果を出しやすいといえます。

フルコミッション営業に向いていない人

フルコミッション営業に向いていない人は、以下のような人が挙げられます。

  • 安定思考の人
  • 会社で誰かに指示されたことをやる方が楽だと感じる人
  • 生活費3か月分程度の貯金がない人
  • コミュニケーション能力に自信がない人
  • 自分の考えが定まっていない人
  • お金の管理が苦手な人
  • 実力が足りないと不安を抱いている人

このような人は、成果を出せなかった場合、心が折れてしまったり、次の案件を探せなかったりし、生活が困難になってしまうといえます。

フルコミッション営業の導入業界
フルコミッション営業の導入業界

保険業界

フルコミッション営業の導入業界に、医療保険や生命保険、損害保険など様々な種類の保険商材を扱う、保険業界が挙げられます。

特に保険業界の外資系保険会社には、正社員と一緒に多くのフルコミッション営業マンが働いており、実力主義の厳しい業界です。

厳しい業界で勝ち抜くために、保険商材を売る際は知識を元にした説得力が重要で、常に新しい知識を得るための勉強が必要になります。

不動産業界

フルコミッション営業の導入業界に、扱う商材の単価が大きく、入ってくる報酬も大きいという特徴がある、不動産業界が挙げられます。

不動産業界のフルコミッション営業の仕事は、土地・建物の仕入と販売、不動産売買の仲介、不動産の企画・開発業務などがあります。

1件でも成約できれば高額な報酬を得られるため、不動産の仕事に幅広く対応することで、年収1,000万円を見込むことができます。

通信業界

フルコミッション営業の導入業界に、インターネット回線や電話回線、ポケットWi-Fi、携帯電話が主な商材の、通信業界が挙げられます。

通信商材はインフラ商材のため、一定数のニーズが存在し、ターゲット(お客様)の母数も多く、アプローチしやすい魅力があります。

将来利益も大きい業界であり、会社員として実績やスキルを身につけた方は、フルコミッションでも高収入を期待できる可能性が高いです。

自動車業界

フルコミッション営業の導入業界に、不動産業界に次いで成約1件あたりの報酬額が高い、自動車業界が挙げられます。

自動車業界のフルコミッション営業の仕事は、自動車の販売活動や契約の締結はもちろん、総合コンシェルジュ的なアドバイスも行います。

自動車の幅広い知識を持ってお客様に対応することで、信頼を獲得することができ、他のお客様を紹介いただける可能性も広がります。

フルコミッション営業のおすすめ求人サイト

コールシェア(Callshare)

コールシェア(Callshare)の公式サイト

名称
コールシェア(Callshare)
評価
★★★★★ (5/5)
難易度
初心者〜上級者
会社
株式会社コールナビ


コールシェア(Callshare)は、日本一稼げる在宅ワークをコンセプトにした、フルコミッション制のコールセンターサービスです。

顧客対応を行うカスタマーワーカーやアポ取りを行うアポイントワーカーなど、初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめできます。

サイドビズ(sidebizz)

サイドビズ(sidebizz)の公式サイト

名称
サイドビズ(sidebizz)
評価
★★★★☆ (5/4)
難易度
初心者〜中級者
会社
ウェブエックス株式会社


サイドビズ(Sidebizz)は、フルコミッション営業系フリーランスの副業を支援する、会員制のマッチングプラットフォームです。

気軽にできる案件から稼ぐことのできる案件まで、幅広く掲載されているため、自身の状況に合わせながら案件を探すことができます。

フルコミドットコム

フルコミドットコム

名称
フルコミドットコム
評価
★★★★☆ (5/4)
難易度
中級者〜上級者
会社
東京ブランチオフィス株式会社

フルコミドットコムは、フルコミッション案件専門の求人サイトです。全て完全歩合制の営業案件で、効率よく仕事を探すことができます。

さらに会員登録の必要なく、都道府県別や8つのエリア別に求人を検索できるため、気軽に求人情報をチェックできる点が魅力です。

フルコミッション営業の副業は会社にバレる?

フルコミッション営業の副業は会社にバレる?

勤務時間外であれば副業は可能

個人事業主と会社員を両立する場合、原則として、本業の勤務時間外であれば自由に副業を行うことができます。法律によって、企業が副業を禁止することは認められていないからです。

2018年1月に厚生労働省が作成した「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の「モデル就業規則」では、会社員の副業や兼業について、以下の条文が明記されています。

第14章 副業・兼業
(副業・兼業)
第67条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。
2 労働者は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行うものとする。
3 第1項の業務に従事することにより、次の各号のいずれかに該当する場合には、会社は、これを禁止又は制限することができる。
 ① 労務提供上の支障がある場合
 ② 企業秘密が漏洩する場合
 ③ 会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合
 ④ 競業により、企業の利益を害する場合


しかし、本業への支障や情報漏洩などの観点から、副業の禁止が会社のルールとして定めらている場合もあります。

会社にバレてしまうと、今後の出世や人事評価に影響を与える可能性もあるため、まずは副業の可否や条件などを確認することが重要です。

副業がバレてしまう原因と対策

住民税の値上がりから副業がバレる

副業がバレる原因で最も多いのは、住民税の値上がりです。勤務先が複数ある場合には、給与が最も多い会社に対して合算した住民税を報告する仕組みとなっているため、副業がバレてしまう可能性があります。

対策としては、住民税の徴収を自身で行う普通徴収にするというものが挙げられますが、自治体にとっては選択できないことがあるうえ、本業から不審に思われることもあるため、絶対に安全というわけではありません。

従業員や同僚の噂から副業がバレる

副業がバレる原因で次に多いのは、従業員や同僚の噂です。副業が上手くいっている場合、つい同期や同僚に副業の話をしてしまって、その話が上司の耳に入るといったケースも数多くあります。

対策としては、そもそも副業の話を同期や同僚にしないことはもちろん、TwitterやFacebookなどのSNSで繋がっている可能性もあるため、副業で使うソーシャルアカウントは使い分けるのが無難です。

マイナンバー制度からは副業はバレない

副業がバレる原因で、意外と勘違いされているケースとしては、マイナンバー制度からはバレないという点です。結論から言えば、マイナンバーが原因で副業がバレる心配はありません。

現行の法律では、民間の企業が個人のマイナンバーを取得、および収集することには、制限が設けられているため、会社が従業員のマイナンバーから所得を割り出すことはできません。

フルコミッション営業の副業には確定申告が必要?

フルコミッション営業の副業には確定申告が必要?

確定申告とは?

個人事業主として副業をする場合、所得税を正しく納付するためにも、事業で得た年間の利益を正確に計算し、所管の税務署へ提出する義務があります。そのための手続きが確定申告と呼ばれるものです。

個人事業主の確定申告には、主に青色申告白色申告の2種類があります。青色申告は手続きが複雑な一方で優遇が大きく、白色申告は手続きが簡単な一方で優遇が小さいという特徴があります。

▶︎ 関連記事:副業の確定申告のやり方を徹底解説!収入や条件によって手続きは異なる?

確定申告が必要なケース

1.本業の所得が2,000万円を超える場合

個人事業主の副業とは別に本業がある場合でも、年間所得が2,000万円を超える場合には個人での確定申告が必要です。給与の合計が2,000万円を超えてしまうと、年末調整の対象にはならないためです。

また、不動産物件やマイカーの売買などの大きな利益があったときにはもちろん、ギャンブルであれば50万円を超えた時点で一時所得が発生するため、確定申告を行う必要があります。

2.副業の収入が20万円を超える場合

個人事業主の副業とは別に本業がある場合でも、副業収入が20万円を超える場合には個人での確定申告が必要です。アルバイトやパートであっても、収入が20万円を超える場合には申告しましょう。

個人事業主であれば、売上から経費を差し引いた金額が所得になるため、アルバイトやパートよりも計算が複雑になります。労働形態によって所得の定義が異なることも注意しておきましょう。

3.本業の年末調整を受けていない場合

個人事業主の副業とは別に本業がある場合でも、本業の会社で年末調整を受けられなかった場合には個人での確定申告が必要です。年末調整の時期に長期休暇を取得していたなどが対象になります。

年末調整や確定申告は法律によって義務付けられているため、行わない場合は追納や罰則の対象になってしまいます。所得税を正しく算出するためにも、忘れずに実施しましょう。

フルコミッション営業で成果を出すコツ

フルコミッション営業で成果を出すコツ

自分の得意な商材で戦う

フルコミッション営業で成果を出すコツは、営業の成果をより出しやすくするために、自分の得意な商材で戦うことです。

得意なジャンルで営業を行う方が、知識があり、営業方法も慣れているため、苦労することが減って成果を出しやすいといえます。

仕事の計画を細かく立てる

フルコミッション営業で成果を出すコツは、請け負う業務をスムーズに進めるために、仕事の計画を細かく立てることです。

営業業務から事務作業まで、一人で行う業務が多くある中で、計画を細かく立てることが、業務を両立して成果を出す近道といえます。

フルコミッション営業の始め方

フルコミッション営業の始め方

副業から始める

フルコミッション営業の始め方として、個人事業主と会社員を両立するという、フルコミッション営業を副業から始める方法があります。

いきなりフルコミッション営業マンとして独立すると、上手くいかなかった場合や稼げなかった場合に生活が苦しくなってしまいます。

本業では会社員として働きながら副業として始めることで、フルコミッション営業で上手くいかなかった場合にもリスクヘッジできます

営業代行から始める

フルコミッション営業の始め方として、固定報酬型や複合報酬型の、固定給が受け取ることができる営業代行から始める方法があります。

最初は報酬の見込める営業代行から始め、実績やスキルを身につけてから、徐々にフルコミッション制の営業に取り組んでいきましょう。

固定報酬型も複合報酬型も安定した報酬を見込めるため、どちらかの営業代行から始めることがおすすめです。

アルバイトから始められない

フルコミッション営業は、個人事業主として企業と業務委託契約を結ぶため、雇用契約を結ぶアルバイトから始めることはできません

フルコミッション制はアルバイト採用がありませんが、固定報酬型や複合報酬型の営業代行は企業によってアルバイト採用があります

求人サイトを見て、業務委託契約か雇用契約かを確認し、自分の希望の雇用形態に応募することが大切です。

まとめ:自分の得意なジャンルであれば高収入を見込める

まとめ:自分の得意なジャンルであれば高収入を見込める

今回は、フルコミッション営業の仕事の種類やきついと言われている理由を踏まえて、メリットとデメリットを徹底解説していきました。

フルコミッション営業は、ハイリスク・ハイリターンという特徴があり、業務も多いですが、成果を出すと高収入を見込むことができます。

会社員よりも高い年収を稼ぐためには、副業から始めて経験を積み、得意なジャンルで営業活動を行うことが大切です。

好きな時に、
好きなだけ働ける!

時間や場所に縛られない
在宅コールセンター
時間や場所に縛られない在宅コールセンター

自由なタイミングで好きな時間だけ仕事ができます。

在宅をしている女性(ニコニコ)
どんな働き方ができるか見る